チェンソーマンのアニメ化はいつで声優キャストや放送日と制作会社は?

ブウン!!!!!

チェンソーのエンジン蒸して悪魔をぶった斬るぜ!って感じの漫画『チェンソーマン』がアニメ化するかもです。

そうと分かればアニメ放送はいつか、声優キャストはどうなるか、制作会社はどこになるか気になりますな!

あわせて読みたい
予言のナユタの無料ネタバレやどこで読める?チェンソーマンのマキマとの関係繋がりは? チェンソーマン最終回にて、岸辺が中国で発見されたのを盗んできたという見た目がマキマの少女である『ナユタ』。 そこで藤本タツキ先生の特別読切である『予言のナユタ...
目次

『チェンソーマン』の原作漫画が大人気でアニメ化不可避!

週刊少年ジャンプに連載中の漫画『チェンソーマン』、はっきり言って、多分絶対アニメ化します!

だって、“第5回次に来るマンガ大賞”2位だったんですよ。

過去の受賞作品を見ても、2位でアニメ化してない作品はないですね。

さらに次にくるマンガ大賞 2020では1位を獲得しました!

『チェンソーマン』のアニメ化はいつになる?

チェンソーマンは殺陣じゃないランダムなアクションや、血飛沫が多いんですよね。

だからそのシーンだけ手書き風の絵のタッチにしたり、CG/3Dアニメを使うなどして演出するのかなと思われます。

したがって、アニメの作画に、比較的多くの時間がかかるのではないでしょうか。

あと、第4回次にくるマンガ大賞2位の作品『Dr.STONE』を参考にすると、受賞からアニメ開始までは丸1年ほどでした。

そしてついに最終回にてアニメ化が告知されましたね!はっきりとはまだわかりませんが、2021年ほどになるのではないでしょうか?

『チェンソーマン』がアニメ化なら原作から何巻まで?

チェンソーマンは確かに人気マンガですが、血しぶきの描写が多い、というか、血しぶきしかないと言っても過言ではありません。

その上、主人公は現代日本人には共感しづらいキャラクターで、少年漫画特有の、成長とか葛藤といったものが非常に読み取りづらいです。

だから、厳しめに見積もって、アニメ化するとしたら、単行本4巻の79ページ(第29話の途中)までをいい感じにまとめて1クールで終わりかな、と考えます。

結局何の解決もしてなくない?って感じで終わってしまいますが、そこまで描ければ、構成的には認められると思われます。

ただ、レゼちゃんをアニメに登場させようとすると、6巻分ですからね、2クールになりますかね。

したがって、4巻まで1クールで、4巻から6巻まで1クールの分割2クール放送できたらいい方かと思われます。

『チェンソーマン』の登場人物・声優キャスト予想

さてさて!主要キャラの声優キャストを予想しますよ!

主要キャラ声優予想まとめ
デンジ:岡本信彦
ポチタ:田中秀幸
マキマ:伊藤静
早川アキ:小野大輔
パワー:小林ゆう

デンジとポチタ

主人公デンジは、借金返済のためにデビルハンターとして働いていたため、全く道徳教育を受けていなくて、かなり馬鹿です。

ただ、野生的な強さを持っていて、戦ってる時に高笑いします。

そこで、ちょっとかすれた感じだけど、大人でも子供でもない演技ができそうな岡本信彦さんあたりが適任かなと考えました。

ちなみに岡本さんは『とある科学の超電磁砲』一方通行(アクセラレーター)役で有名かと思われます。

他に知名度のある声優さんの中では、小林裕介さん、中村悠一さん、鈴村健一さんがデンジを演じてくれそうかなと思われます。


デンジの相棒?ペット?のポチタ田中秀幸さんがいいです。

田中さんは『ワールドトリガー』のレプリカ役が有名ですかね。

ポチタは初めは言葉を発しませんが、ポチタとデンジが合体したあと、非現実の世界でデンジに語りかけるシーンがあります。

あと、ポチタが悪魔界のキーパーソンであるようなので、静かな迫力を持った田中秀幸さんであれば、演じられるのではないかな、と予想しました。

世論はですね、ポチタに関しては女声でも男声でもいいっていう意見が多かったですね。

マキマ

マキマさんはカリスマ的な魅力と、相手を支配する力に長けています。

他作品の『ヨルムンガンド』のココ・へクマティアルに似ていると感じました。

だから、個人的な担当声優の有力候補は伊藤静さんですね。

ただ市場調査すると、坂本真綾さんや、林原めぐみさん、沢城みゆきさんの名前が挙がっていました。

どのかたがマキマを演じても、違和感なさそうですね。

早川アキ


早川アキくんはデンジより年上ですが結構青くさいところがちらほら見えるので、小野大輔さんと予想します。

小野大輔さんは役の幅が広く、『進撃の巨人』ではエルヴィンスミス役、『斉木楠雄のΨ難』燃堂力役を演じてました。

小野大輔さんは低い声が印象的ですが、ボイスサンプルを聞いた感じ、若い子の役も全然できそうでしたよ。

他には内山昂輝さんの名前がちらほら出てましたね。

内山昂輝さんは『ハイキュー』の月島蛍役、最近のものだと、『波よ聞いてくれ』で主人公と同じアパートに住んでいた沖進次役を演じられていました。

お二方とも、根暗で悪魔絵を殺して家族の仇を取ることに執着したアキくんの感情を表現してくださりそうですよね。

パワー


パワーちゃんは魔人なだけにかなりネジ外れてて普通に自己中心的虚言癖アリな美人という個性的キャラクターなので悩みどころですが、小林ゆうさんとか、釘宮りえさんがうまく演じてくれそうなイメージです。

原作ファンも同じように考えてる人が多かったですよ。

血の悪魔なので、喉乾いてる感じが出るといいかな、と思って、今回は小林ゆうさんと予想します。

とりあえず主要キャラは以上なので、ここいらで切り上げたいと思います。

『チェンソーマン』の制作会社予想


チェンソーマンのアニメ制作がどこになるのかは大問題ですね。

最近の血液描写が多いアニメは大体、CGを強みにしているMAPPAのイメージが強いです。

MAPPAは過去には『ドロヘドロ』をアニメ化し、2020年10月には『呪術回戦』をアニメ化する予定です。

しかし、マットな絵柄が強いBONESもうまくアニメ化してくれそうですよね。

BONESの有名作は『僕のヒーローアカデミア』ですが、ちょっとアメコミ風な絵のタッチをアニメでも再現できていました。

とにかくチェンソーの描写を音響と合わせて、自然に描けるところに担当して欲しいですね。

結論を急ぐのは良くないですが、私の考えでは、MAPPAが忙しそうだったので、BONESの方が可能性としてはたかそう、ということで、アニメ制作会社はBONESと予想いたします。

まとめ

ちょっと私の願望が強めに出た記事になってしまいました…。

あくまで予想ですが、本稿をまとめるとこんな感じになりそうです。

チェンソーマンアニメ化は早くて2020冬、放送は長ければ2クール6巻まで、有名声優の中で考えるなら配役はかなり豪華、アニメ制作はBONESか、という感じですね。

アニメ化して欲しい気持ちと欲しくない気持ちで葛藤中です。

あわせて読みたい
予言のナユタの無料ネタバレやどこで読める?チェンソーマンのマキマとの関係繋がりは? チェンソーマン最終回にて、岸辺が中国で発見されたのを盗んできたという見た目がマキマの少女である『ナユタ』。 そこで藤本タツキ先生の特別読切である『予言のナユタ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる