【ワンピース974話考察伏線】カン十郎は利き手が逆で能力隠し?裏切り者過去の迫害は黒炭家が理由?

2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプのワンピース974話「いざ、鬼ヶ島!!」。

なんとずっと仲間だと思っていたカン十郎が黒炭の名を持ちスパイをして、ルフィたちや光月家の情報を流していたことが判明しました。

今回は、カン十郎の絵が下手だったのは利き手が逆で隠していたことなど考察伏線をご紹介します。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/7860
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/7870

目次

カン十郎が裏切り者だと判明

ワンピース974話でおでんを慕う部下たちの一人であるカン十郎が裏切り者でオロチに情報を流していたことがわかりました。

ルフィ達の作戦が筒抜けになっており、集合場所に誰もこないような話になっていましたが、それをカン十郎が流していた為に仲間が集まらなかったんですね。

今回分かったことをまとめると以下です。

・大衆演劇の一座に生まれた
・ワノ国からの迫害で両親を失った
・舞台で何者かを演じることでしか生きていけなく心をなくした
・黒炭本家の末裔
・死に場所を探していた
・カン十郎の悪魔の実はオロチから渡された
・おでんたちと共に本当は死のうとしていた(おそらく釜茹での刑?)
・ローの作戦、康イエの集合場所変更、ゾウのジャック出現もすべて内通していたから
・本人と見間違うほどの画力

大衆演劇つまり歌舞伎ですよね?だからカン十郎は歌舞伎のような容姿だったんですね。

もう色々すごすぎます。

カン十郎の絵が下手だったのは利き手の右手を左手で描き本当の実力を隠してたから?

そして今回、まず驚きだったのはカン十郎の絵が本当はうまかったことです。

イヌアラシも言っていたように「我々の知るカン十郎では描けぬ絵だな」と言っています。つまりこれまで絵が下手だと偽っていたんですね。

そしてネットではなんとこのような考察がありました。

食事などは橋を右手で持っていますが、絵を描く時は左手で描いているんです。

すべてのシーンを見返したわけではないですが、利き手ではない左手で描いているという話です。

まさか画力まで隠していたなんて、この伏線はすごすぎます。

カン十郎の顔だけが変化していた?

それからスパイではないかと元々去年から気づいていた人がいるようです。

それは、ドレークが単行本の巻数で顔が違っていたらしいのですが、なんと海軍側のスパイだったと。

同じようには他の顔はほぼ一緒なのに氷上などが違うというのがカン十郎だったそうです。

このことから単行本の顔でもカン十郎が元々スパイだったとしてしていたのではないかという伏線のようですね。

さらに別のシーンでは、顔がカン十郎だけ!!のマークで隠されています。

これも伏線だったのではないかということです。

カン十郎が過去に迫害されていたのは黒炭家が理由?

そしてカン十郎の過去が出た時に、迫害されていたと書かれていました。

そしてオロチの祖父が将軍の座を狙って大名たちを倒していったことがバレた結果、黒炭家が迫害されたようですが、カン十郎も迫害されていたのは「黒炭家」だったからではないかということです。

これは凄い・・・

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/7860
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/7870

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次