ハイスピードエトワールはパクリでサイバーフォーミュラ?制作会社にスポンサーも

本サイトでは広告を利用しています
アニメ見るならdアニメストア
【dアニメストア】5,700作品以上のアニメ見放題サービス dアニメストア!31日間無料・月額税込550円!

dアニメストアはアニメ特化の動画配信サイトで数多くのアニメが配信されています。初月31日間無料でその間に解約すれば一切お金はかかりません!

・魔法少女にあこがれて(あこがれver.)
・魔都精兵のスレイブ(ご褒美ver.)

などの無修正バージョンも配信されていますよ!
無料視聴の手順はたったこれだけです!

無料視聴の手順

dアニメストアの31日間無料体験に登録
②最新アニメの見放題動画を視聴

③31日以内の解約で無料

\dアニメストアは登録から31日間無料/

31日以内の解約で料金は一切不要

<2024年春アニメも絶賛配信中!>

・ザ・ファブル
・アイドルマスター シャイニーカラーズ
・神は遊戯に飢えている。
・声優ラジオのウラオモテ 
・転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます
・終末トレインどこへいく?
・Unnamed Memory
・花野井くんと恋の病
・黒執事 -寄宿学校編-
・僕のヒーローアカデミア第7期
・ブルーアーカイブ
・無職転生Ⅱ
・転生貴族、鑑定スキルで成り上がる
・転生したらスライムだった件 第3期
・響け!ユーフォニアム3
・ささやくように恋を唄う
・THE NEW GATE
・怪獣8号
・夜のクラゲは泳げない
・ワンルーム、日当たり普通、天使つき。
・魔法科高校の劣等生 第3シーズン
・アストロノオト 狼と香辛料
・Re:Monster
・ゆるキャン△ SEASON3
・デート・ア・ライブⅤ
・烏は主を選ばない
・怪異と乙女と神隠し
・この素晴らしい世界に祝福を!3
 などなど……

31日以内の解約で料金は一切不要

記事の星評価

女の子によるサーキットレースの「HIGHSPEED Étoile(ハイスピードエトワール)」のアニメが4月6日より放送開始されました。

次世代レースとして注目を浴びているレースを舞台に、デビュー戦を控えた少女の姿が描かれています。あまり馴染みのないサーキット×少女として気になる作品ですが、巷ではパクリ作品なのではと言われています。

そこで今回は、「ハイスピードエトワール」がパクリ作品なのか、サイバーフォーミュラと関連しているのか調べて見ました。

目次

『ハイスピードエトワール』はパクリ?

「ハイスピードエトワール」のPVが公開される中、視聴した人達からは「ある作品ぽさがある、パクリ?」とコメントいくつかありました。

その作品とは1991年にテレビアニメをはじめ、ラジオや小説等の様々なコンテンツで作成された「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」です。水素エンジンや、ナビゲーション用人工知能などを搭載した近未来的な自動車を使ったレース「サイバーフォーミュラ」をとおして主人公が成長していく物語となっています。

また、ハイスピードエトワールのPVやビジュアルが解禁されたことで、Youtubeでは「ハイスピードエトワール」に「サイバーフォーミュラ」のサウンドを重ねてみるなど、より「サイバーフォーミュラ」に近づけているような動画もあり、違和感のなさがパクリの噂を助長されているのかもしれません。

『ハイスピードエトワール』はサイバーフォーミュラぽい?

前途したように「ハイスピードエトワール」は「サイバーフォーミュラ」のパクリなのではとコメントが様々な所でつぶやかれています。

二つの作品は架空のモータースポーツレースを舞台に、近未来的な自動車を乗りこなし、レースや周りの人達との関りを得て主人公が成長していくような物語というところでは、確かに類似しているところが多いと感じられるでしょう。

実際にPVを見た方々のコメントには「サイバーフォーミュラのパクリじゃん」とありました。また、1話を見た時点で「令和のサイバーフォーミュラ」とSNSでつぶやかれており、「サイバーフォーミュラ」を見たことある方からしたら相当近しいものを感じたのでしょう。

ですが、そんな中「サイバーフォーミュラを思いだした」とレース系アニメへの期待の声もあります。

同じようなレース系のアニメですと、類似する部分は出てくると思われますが、今後のスト―リーで「サイバーフォーミュラ」感が増していくのか、または違うカーレース系のアニメとして期待されるのか、「ハイスピードエトワール」のこれからに注目です。

『ハイスピードエトワール』の制作会社

「ハイスピードエトワール」はstudio A-CATさんよりアニメーション制作されています。

studio A-CATは1996年に設立されアニメーション制作をメインに、2011年からは芸能タレント事業部も設立したことで、声優をはじめとしたアーティストのマネージメントなども行う芸能事務所にもなりました。studio A-CATさんはアニメだけでなく、ゲーム(ロックマンゼロシリーズなど)制作協力(頭文字D,劇場版名探偵コナン、ラブライブ)も手掛けられてきました。

studio A-CATさんは原作がゲームや、漫画、小説である作品を手掛けてきましたが、今作「ハイスピードエトワール」はオリジナル作品のようです。

そして、「ハイスピードエトワール」の監督・元永慶太郎さん。アニメーションプロデューサー・佐藤俊亮さんペアは、以前にもstudio A-CATさんより「装甲娘戦機」、「賢者の弟子を名乗る賢者」をアニメーション制作されています。個々で数えると3作品ほど手掛けられてきましたが、そのうちの上記2作品は共に手掛けられ、今作はお二人で担当する3作品目となります。

『ハイスピードエトワール』のスポンサー

「ハイスピードエトワール」のPVが公開され、作品に注目が集まったのはもちろんですが、実際のモータースポーツのように多くの企業との連携も描かれており、そちらも注目されています。スポンサー・応援企業として登場する企業は実際に存在しており、キャラクターそれぞれに違うスポンサーがついているようです。

主人公:
輪堂凛
YOSTAR(PCゲーム)
SFgo (SUPER FORMULA)
Mixalive(イベント複合施設)
Gugenka (VR/AR/MR等のデジタルプロダクトマーケット)
凛の同期:
浅河カナタ
GALLERIA(ゲーミングPC)
MITSUBA SANKOWA(カー、バイク用品)
GiGO(エンターテインメント企業)
凛の同期:
小町永遠
CHILL OUT(リラクゼーションドリンク製品)
アズールレーン(ビデオゲーム)
VR CHAT(ソーシャルVRアプリ)
G STUDIO 
日米ハーフドライバー:
ソフィア・B・時任
noshナッシュ(宅配食サービス)
Kose(化粧品製造)
SEGA(コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム)
WACOM(電子機器開発事業)
CUP STUDIO PAINT(ペイントソフト、漫画原稿制作ソフト)
天才肌の若手ドライバー:
劉悠然
TANITA(体重計などの計測器メーカー)
MARUI GROUP(ファッションビルの丸井)
雀魂(麻雀ゲーム)
rinna(音声合成サービス)
通称「クイーン」:
アリス・サマーウッド
ヤマト運輸(配送会社)
GOOD SMILE COMPANY(日本のフィギュア・玩具会社)
SERENDIX(最先端の家を創る、3Dプリンター住宅)
ベテランドライバー:
リチャード・パーカー
GOOD SMILE COMPANY
quaras(広告会社)
うぶごえ(クラウドファンディングサービス)
絶対王者:
ロレンツォ・M・サルヴァトーレー
KING RECORDS(レコード会社)
KTC(工具メーカー)
TAKARA TOMY(おもちゃ・グッズの製造販売)
WIXOSS(トレーディングカードゲーム)

上記が現時点で分かる各キャラクターについているスポンサーです。ロゴもそのまま登場しているので、ロゴ探しもアニメを見る中で注目すると面白いかもしれません。

まとめ

「ハイスピードエトワール」はパクリなのではと噂もありますが、PVを見て期待を高めている方も多くいます。

今後のスト―リーが本当にパクリなのか、応援企業からキャンペーン等はあるのか、作品としてもスポンサーとしても注目のある作品でしょう。

  • URLをコピーしました!



目次