望まぬ不死の冒険者レントの存在進化ネタバレ!なぜスケルトンで人間に戻るのいつ?

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (1 vote)

『望まぬ不死の冒険者』は、「小説家になろう」でも連載されていたライトノベル作品です。コミカライズもされており、2024年1月からはアニメもスタートします。

主人公で冒険者のレントが、魔物である不死者(アンデッド)になってしまっても最高位の冒険者を目指し続けるストーリーです。

今回は『望まぬ不死の冒険者』について、レントがなぜスケルトンになったのか、存在進化のネタバレや人間には戻れるのかなどをご紹介していきます。

目次

レントが魔物スケルトンになる

『望まぬ不死の冒険者』の物語は、主人公のレント・ファイナが魔物「骨人(スケルトン)」になるところから始まります。

レントは15歳の頃から銅級下位の冒険者として活動しており、冒険者の最高評価である神銀(ミスリル)級を目指していました

低位迷宮の「水月の迷宮」へ行くことが日課として、そこで低級の魔物を狩り素材や魔石を収集して日銭を稼いでいます。

ある日いつものように「水月の迷宮」を探索していると、最高位の魔物「龍」に遭遇します。そしてなす術なく龍に食われてしまいました

不思議なことに目を覚ますと、レントは魔物である「骨人(スケルトン)」として生まれ変わってしまっていたのでした。

レントはなぜ魔物になった?

レントがなぜ魔物になってしまったのでしょうか。調べたところ詳しくはわかりませんでした。きっかけは、最高位の魔物である龍に遭遇してしまい食べられて死んでしまったことです。

人間だったレントが魔物としてクラスチェンジするということは、レントの口ぶりからしてもありえないことのようでした。

レントは皮膚や肉体を失い、身体は骨だけになってしまいます。スケルトンは非常に弱い魔物で、この姿ではいつ冒険者に殺されてもおかしくない状況でした。

レントは力をつけるために方法を考え、魔物特有の性質「存在進化」に思い至ります。経験を経た魔物が上位の存在に進化していくというこの特性で強くなろうと決め、まずは肉体を取り戻すことにするのでした。

レントの存在進化ネタバレ!どう進化していく?

ここからはレントの存在進化の過程を紹介していきます。レントは最初に迷宮の中で魔物を倒して経験を積んだことで目指していた屍食鬼(グール)に進化します。乾いた肉が骨を覆い、声が出せるようになりました。

2度目の存在進化では、人間の血肉を口にするという進化条件を満たしたことがきっかけとなり、吸血鬼(ヴァンパイア)の眷属である屍鬼(しき)に進化しました。肌ができ、グールの時よりも声が出しやすくなっていました。

3度目では、吸血鬼の血液を吸収したことで下級吸血鬼に進化します。肌は綺麗になり、瞳は赤くなり鬼歯、翼が生えました

3度目の存在進化で吸血鬼に進化して以降は進化していませんでした。吸血鬼の状態で仕事を受け、活動を続けています。小説では3巻で吸血鬼に存在進化し、現在最新12巻まで発売されているので、吸血鬼の状態はかなり長いです。

レントは人間に戻れる?戻るのはいつ何話何巻?

魔物になってしまったレントは人間に戻ることはできるのでしょうか。結論から先に述べると、レントは人間に戻っていません

序盤はスケルトンかグール、グールから屍鬼と早いテンポで存在進化していました。しかしその後早い段階で魔物の中でも上位の存在である吸血鬼に進化してからは止まってしまっています

人間として冒険者をしていた時から神銀(ミスリル)級を目指していましたが、魔物になってしまってからも変わらず同じ目標を目指しています。

吸血鬼になってから長い間冒険を続けていきますが、人間になることは諦めていないようなので、今後のストーリーでは人間に戻るお話が見れるかもしれません

まとめ

今回は『望まぬ不死の冒険者』について、レントがなぜスケルトンになったのか、存在進化のネタバレや人間には戻れるのかなどをご紹介してきました。

人間だった時には微妙だった実力が、魔物になったことで飛躍的に上昇し次々に成長をしていったレント。今後もどのような成長を遂げるのか気になりますね。

2024年1月から始まるアニメも楽しみです。気になる方はぜひ見てみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次