16bitセンセーション エコーの正体は誰で宇宙人?なぜ登場で想像力とは?【アニメ】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

大人気放送中の秋アニメ「16bitセンセーション ANOTHER LAYER」。2023年11月22日には第8話の「エコー」というエピソードが放送されました。

今回は、そんな最新話に登場したエコーという人物の正体や登場理由についてご紹介していきます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

目次

8話で守が1985年に飛びエコーという人物が登場!

11月15日放送の第7話では、六田守が「天使たちの午後」というゲームのパッケージを開けた途端謎の光に包まれる、というところで終わっていました。22日に放送された第8話「エコー」では、光に包まれた守が1985年にタイムリープしていたところから始まります。

タイムリープした守が辿り着いたのは、エコーソフトという会社でした。その会社の社長は8話のタイトルにもなっているエコーという名前で、彼だけでなくアシスタントの女性の名前も飼い犬の名前もエコーというのだそうです。

そして、どうやら彼らは美少女ゲームの制作をしているらしく、守もゲーム作りに誘われました。PC98を使わせてもらうことを条件に了承した守ですが、エコーたちは普通の人間と何か違うと感じるようになります。

エコーの正体は宇宙人?エコー123の違い

守は、全員名前が「エコー」ということなので番号付きで彼らを呼ぶことにしました。社長を務める若そうな白い髪の男性はエコー1、緑色のショートカットが特徴のアシスタントの少女はエコー2、彼らの飼い犬はエコー3です。

そんなエコーたちが衣服に付けているエンブレムや宇宙服の演出があったことなどから、彼らは宇宙人なのではないかとネットやSNSでは話題になっています。作中に確証となる描写がないため否定も肯定もできませんが、エコーたちの正体に関してはさまざまな憶測が飛び交っていました。

宇宙人説だけでなく、未来人説やAI擬人化説なども挙がっているようです。よく似たものばかりをひたすらに量産しているエコー1や、コスプレについてフィードバックを求めるエコー2がAIのように見えることからAIの擬人化ではないかと言われているのでしょう。

エコーはなぜ登場した?

エコーたちが何を目的にしているのかは今回のエピソードの主題でもあり、難しい表現が多い中ながらも明らかでした。「想像」について話をしている彼らの様子からそれについて調べることが目的のように見えますが、本来の目的は美少女ゲームが持っているエネルギーに関して研究することなのかもしれません。

具体的に言うと、美少女ゲームがエネルギーを持つ原因の究明やそのエネルギーの作り方などです。そして、エコー1がゲームの制作、エコー2が美少女に関してを担当して美少女ゲームが持っているエネルギーの発生のメカニズムや高エネルギーになる方法などを探っているのでしょう。

また、エコー2がカメラを回しているシーンが多くありましたが、これは研究過程の記録用として撮影していたと思われます。かなり丁寧な様子が見受けられるため正式な研究であり、このエネルギーは恐らくエコーたちが元いた場所ではとても重要なものなのではないでしょうか。

エコーが話した想像力とは?

エコーたちは、「想像力がない場所」というところからやってきたそうです。そのため、想像力がどんなものなのかを知りたくて始めたのがゲームの制作でした。

彼らの会社・エコーソフトにはゲームに宿るエネルギーが測定できる装置があり、ゲームの面白さがエネルギーとして測定できるそうです。この装置も使いつつ、守と交流しながらエコーたちが想像力について学んでいくというストーリーでした。

エコーたちは物語の終盤で想像力について理解できたようですが、これは私たちが普段使っている想像力とは意味が違うことが明らかです。ここで言う想像力とはおそらく、芸術作品を作るときに頭の中でさまざまなことを考えるという意味合いだけでなく、相手の心を動かす術や自分の感情そのものも含まれるでしょう。

まとめ

今回は、「16bitセンセーション ANOTHER LAYER」の第8話「エコー」に登場したエコーたちについてご紹介しました。このエピソードは、いろんな意味で見逃すことのできないものとなっています。

16bitセンセーションという物語全体のキーになるエピソードでもあるので、まだ視聴していない方はぜひ各種配信サイトにて第8話をチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次