ハイキュー4期第2クール目は原作どこまで?最終回春高全国ラストまで行く?

大人気アニメ「ハイキュー」。4期の1クール目がアニメで放送中ですね。

今回は4期目の2クール目は原作のどこまでで、最終回は春高の全国ラストまでいくのか紹介したいと思います。

目次

ハイキューアニメ4期は分割2クールで2020年7月放送


春高は全国から強豪が集まってきます。その中の宮城代表として強豪白鳥沢学園高校を破り、烏野高校が出場します。

春高を1クールにまとめなかった理由としては、「長すぎる」ということがあげられないでしょうか?

全国から集まってくるということは烏野高校をのぞいても46都道府県がほかにもいて、トーナメント戦だとしてもかなりの時間を要します。

アニメは1回約30分ですがそれを2クールにおさめるには長すぎますし、出ている声優のスケジュールもあります。

それを考えると春高を2回に分ける理由が見えてくると思います。

ハイキュー4期第2クールは原作漫画どこまで?春高全国大会ラストまでやる?


結論から言うと、2クールで「全国の途中(稲荷崎)」までが濃厚と考えています。

漫画の流れを整理すると

17巻~21巻(白鳥沢学園/3期)
22巻~23巻東京都予選(4期~)
24巻~ユース合宿・宮城1年選抜合宿
25巻~伊達工練習試合・全国大会編
26巻~41巻(全国大会編)

4期ですがだいたい1クール漫画だと5巻くらいやります。さらにハイキュー公式サイトでは「星海」「宮侑」「佐久早」という名前もあがってきています。

しかし、全国ででるはずの「椿原学園高校」「桐生八高校」など紹介されていません。

今回は、東京都予選がOVAとして1月22日に発売されています。

つまり、情報を整理すると22巻~27巻までやりそうです。27巻はちょうど1回戦が終わるところです。

副題にもあるように「TO THE TOP」とかいてあるように、1回戦で終わるのは4期の1クール目で、2クール目はそれ以降だとおもわれます。

公式サイトで出た、星海がいる鴎台高校や宮侑がいる稲荷崎高校、佐久早の井闥山学院高校は2クール目でてくるでしょう。

正直、ここまでしか公式サイトではでていないので最後までやる可能性は薄いと思われます。

春高全国大会での対戦相手

椿原学園高校


1回戦の相手は「椿原学園高校」です。注目はセッターの越後栄3年で主将です。

身長:183.2cm/ 体重:71.5kg

最近の悩み:友達や彼女と遊ぶ時「もう少しハシャいで」と注意される事だそうで、とてもまじめな性格といえます。

稲荷崎高校

稲荷崎での注目は宮侑で3年生。高校No1のセッターと呼ばれています。

高校生NO.1のセッターにどうたち向かうのでしょうか?はやくみたいですね。

音駒高校

音駒高校の注目は黒尾鉄朗です。鶏冠のような髪型が特徴。

都内でも指折りのミドルブロッカー。ミドルブロッカーとはブロックの中心的な役割を果たすポジションですよね。

そのミドルブロッカーにどのように烏野は対抗していくのでしょうか。

鴎台高校


鴎台高校での注目は星海光来です。

鴎台高校2年生のウィングスパイカー。

「現・小さな巨人」。日向がめざしていた「小さな巨人」との対戦です。

どのように対決するのでしょうか?

まとめ

今回は4期目の2クール目は原作のどこまでで、最終回は春高の全国ラストまでいくのかの予想してみました。

結果はラストまではいくのは難しいという結果に至りましたが、漫画の方はまだつづいているのでもしかしたら第5期としてやるかもしれないですね。

楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる