夢見る男子は現実主義者(アニメ1期)ネタバレ内容最終回!何話何クールで何巻どこまで?

記事の星評価

夢見る男子は現実主義者は小説家「おけまる」にて「小説家になろう」で連載を始め後にHJネット小説大賞を受賞し文庫本として出版を開始します。漫画の連載も行われており、2023年の夏にはアニメ放送も予定されています。

今回はアニメを気になる方のために、夢見る男子は現実主義者の内容の最終回までのネタバレと、放送されるのは何話で何クールまで制作され、原作何巻まで放送されるのか推測していきますね。

目次

『夢見る男子は現実主義者』は何話何クール放送?

https://twitter.com/yumemiru_anime/status/1640199155904819202?cxt=HHwWhMDRiaaclMMtAAAA

現状何話放送かの詳しい情報は出ていませんが、1クール11~13話の放送になると思いますね。

理由としては夢見る男子は現実主義者の制作を担当している制作会社「Studio五組」の制作したアニメの放送回数が大体11~13話内で放送されているからですね。

また、現在公開されている原作小説は8巻、漫画は3巻ほどですので、下手に多くをアニメ化してしまうとストーリーの方向性にゆがみが出る可能性もあるからです。

ですが、問題なく連載が続き小説、漫画の巻数が増えれば2期の制作を行う事も予想できますね。

原作を追い越さない程に余裕を持たせたアニメ制作を行う事で原作とのバランスを保つことで原作とアニメのストーリーや設定の乖離を防ぎ、また、アニメの設定を原作に逆輸入しやすい話数が11~13話だと思います。

『夢見る男子は現実主義者』は何巻どこまで?

https://twitter.com/sabaaa_m/status/1642070795844476929?cxt=HHwWgoDTpYqs58ktAAAA

夢見る男子は現実主義者の小説漫画の巻数について解説していきますね。

ライトノベルは2020年6月から「小説家になろう」に公開されていた内容をHJ文庫が書籍化して販売しており、現在は8巻(2023年4月)まで出版されていますね。

また、ライトノベルは「小説家になろう」のような文章だけではなく、イラストレーターの「さばみぞれ」の描いたイラストも載せられていますので、ストーリーの把握がしやすいですね。

漫画の方は2022年11月から吉北ぽぷりが作画を担当し、KADOKAWAの「少年エース+」にて連載開始します。web上では約24話ほど連載されており、現在3巻(2022年11月)まで書籍化しています。

「小説家になろう」でも小説は定期的に投稿されております。ストーリーの続きを知りたい方は「小説家になろう」をストーリーを深く知るならライトノベルがオススメで、素早く内容を把握したい場合は漫画がいいと思います。

『夢見る男子は現実主義者』のネタバレ内容最終回結末

https://twitter.com/HJbunko/status/1640650276922355712?cxt=HHwWgMDTyf-u4cQtAAAA

ここではアニメ「夢見る男子は現実主義者」が原作小説のどこまでを映像化し、また、これからアニメを見る方のために軽いネタバレを書いていこうと思います。

少なくとも原作小説3巻まではアニメ化すると思います。ですので、原作小説1~3巻までを解説していきますね。内容を把握してから見たい方は問題ありませんが、もしネタバレに抵抗がある方は飛ばしても構いません。

小説1巻

https://twitter.com/HJbunko/status/1661674214515179521?t=ixj6bizpH3uCaurLIKOh9A&s=19

主人公の「佐城渉」が同じクラスの美少女「夏川愛華」が好きでアプローチを仕掛けるが、うまくいきません。ある日、不慮の事故で渉は本来の自分を取り戻してしまいます。

主人公の渉は信じられないほどに自己評価の低い少年で、本来の自分を取り戻した彼は自分と結ばれても、愛華を不幸にしてしまう。そもそも、自分と愛華が釣り合うはずがないという結論にいたり、アプローチをやめて愛華から距離をとってしまいます。

一方で距離を置かれた愛華は愛華で渉に嫌われたと思い焦って色々とアプローチしてくるようになり、立場が逆転してしまう。愛華は愛華で無自覚に渉に好意を抱いています。

お互いに両思いなのにすれ違い続ける2人の恋の行方が気になる青春ラブコメの始まりますね。

小説2巻

正気に戻った渉が愛華から距離を置こうとするのに対して、どうにか自分に振り向かせようと愛華はアプローチを仕掛けるうになります。

愛華は何としても渉を振り向かせるために勢いで、自分の家に渉を招待してしまいます。思い人の家に始めて訪れる渉の反応と、勢いで家に招待してしまった愛華は渉との距離は縮まるのでしょうか?

また、体調不良により普段見せない内面をさらけ出している渉の姿に愛華がときめく話もあります。さらに、2巻には「小説家になろう」にはないオリジナルのストーリーもあります。

小説3巻

https://twitter.com/HJbunko/status/1333403924871593985?t=9hMtTP4OdzF9bfHOQE5-hA&s=19

夏休み中に渉は古本屋でバイトを始めることになります。一方の愛華は文化祭実行委員として学校に定期的に通うことになっています。

同じ実行委員の佐々木はサッカー部で愛華が好きなようですね。愛華との接点を作るために自分から実行委員になったことがわかります。また、渉には恋敵としてライバル心を燃やしていますね。

だが、当の愛華自身は渉のことが気になるばかりです。さらに、渉の周りに美少女が集まることで、焦りも感じている状態ですね。

その状況に愛華の今まで気づかなかった渉に向ける好意を自覚し始め、デレる瞬間などがあり、モテ期が到来した渉の人間関係が変わり始めますね。

まとめ

今回の解説は以上になります。

アニメ放送の予習と思って貰えると幸いに思います。後は2023年夏に問題なく放送してくれるのを待つのみですね。原作では舞台がまだ決まっていませんでした

このアニメ化で夢見る男子は現実主義者の舞台が明確になれば、今後の小説と漫画の内容もより内密に描かれると思いますので、小説と漫画の方も今後が楽しみですね。

  • URLをコピーしました!
目次