地獄楽の完結何巻までの打ち切り?最終回メイと死亡キャラ

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

地獄楽』は賀来ゆうじ先生による日本の漫画作品であり、主人公画眉丸以下死罪人が不老不死の仙薬を探しに向かう忍者漫画であり、集英社web漫画サイト『ジャンプ+』にて連載が開始され完結しました。

今回は地獄楽より原作の完結は何巻なのか原作は打ち切りだったのかメイは生き残るのかに死亡キャラのまとめなどを紹介していきたいと思います。

目次

地獄楽の完結は何巻?

地獄楽は賀来ゆうじ先生の作品で同作者の二作目に当たる作品です。集英社のweb漫画サイトであるジャンプ+にて2018年より連載が開始し、2021年に物語は完結しています。

度々同作の評価点の一つである美麗かつ悲壮感溢れるタッチに過酷な状況下で生き残る人々を描く人間ドラマで連載開始から瞬く間に人気が出てジャンプ+の大人気作品の一つとなりました。

そんな地獄楽ですが、原作は全13巻で完結しており2023年4月よりアニメ化も決定しています。

地獄楽は打ち切りだった?

2023年4月よりアニメ化も決定しており、ジャンプ+でも人気作の一つであった地獄楽ですがネットで度々目撃する検索ワードがズバリ『打ち切り』であり、原作が13巻できっちりと完結しているのにも関わらず打ち切りと言う噂が飛び交っています。

では何故打ち切りと言う噂が出てくるのか?ですが、まず第一に考えうるのは物語の中盤から最終回までが少し駆け足てあった事であり、実際読者の中では後半が駆け足だったと言う声も良く見られます。

第二に長編作品になる可能性があったのに物語が短かったと言う事です、地獄楽の単行本は集英社の『ジャンプコミックス』から発売になっており、ジャンプコミックスと言えば鬼滅の刃NARUTOワンピースなど20巻以上発売が当たり前の人気作品が数多く出版されていて、その中で13巻という数字は確かに短いと言えます。

以上の事から物語はちゃんと完結しているのに打ち切りという噂が飛び出したのだと思われます。

地獄楽の最終回メイはどうなる?

https://twitter.com/VIZMedia/status/1483952499669311492

メイは地獄楽でも人気キャラと言われるキャラクターであり、その容姿と主人公である画眉丸たちを助け共に戦う姿から国内だけでなく海外のファンの中でも人気は上位に食い込んでくるキャラクターです。

そんなメイですが、原作では主人公達を助ける為に力を使い果たして消滅してしまうと言う最後を迎える為に読者の間からショックや悲しみの声が多数聞かれるなど、話題になっていました。

しかし、メイは消滅はしたもののどうやって助かったのかは謎のままになって居ますが、無事に生存して楽しく生活している姿が描かれて読者の中から安堵の声が多数寄せられました。

主人公達を逃がす為に自らを犠牲にして消滅していっただけに謎は残るものの、無事に生存していてハッピーエンドを迎えられたのは良かったなと思います。

地獄楽の死亡キャラ

https://twitter.com/Shinigami_Cam/status/1392165976364310530

地獄楽と言えば主人公であり、死罪人である画眉丸をはじめとした死罪人と代々処刑人を務める家柄の山田浅ェ門佐切をはじめとした山田浅ェ門一門の総勢26名が不老不死の仙薬を巡り戦いに挑む忍者漫画であり、同時に原作がすすむにつれて多数の死者が出る事でも有名な漫画です。

そこで本項では最終回までにどのキャラクターが死亡したのかと言う事について調べて見たのですが、死亡キャラクターの方が生存キャラクターよりはるかに多い為、数少ない生存キャラクターをまとめさせていただきました。

山田浅ェ門一門
佐切
十禾
桐馬
士遠

死罪人
画眉丸

民谷巌鉄斎
亜左弔兵衛
ヌルガイ

天仙様
桂花
メイ

以上、主人公の画眉丸、ヒロインの佐切を筆頭に生き残ったキャラクターは10人それ以外のキャラクターは全て死亡するというアニメではじめて地獄楽を見る方がびっくりするような展開になっています。

まとめ

今回は『地獄楽』についてご紹介してきました。

地獄楽は主人公の画眉丸とヒロインで主人公のお目付け役の佐切の二人が不老不死の仙薬を手に入れるべく奮闘する忍者漫画であり、日本だけでなく海外でも広く人気があります。

更に2023年4月よりテレビアニメ化が決定し、放送が開始されるなどこれからの展開も楽しみな作品となっていますので、まずは地獄楽のこれからを注目していきたいと思います。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次