青のオーケストラの休載理由や連載再開いつ?アニメ何クール何巻どこまでで制作会社作画

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

青のオーケストラは千葉県立幕張総合高等学校への取材をもとにしている為、リアルな高校生活が描かれており読者が共感できるところが多くあります。登場人物がみんな輝いていて、壁にぶつかり乗り越えることで成長していく様子を描いているのが魅力です。

2023年4月からテレビアニメの放送も決まり、ますます注目を浴びている本作ですが一時期休載もあり完結したのでは?と言われていた時もありました。

そこで今回は青のオーケストラの休載理由や連載再開されたのはいつだったのかについてまとめています。そして気になるアニメについては、何クール放送で漫画の何巻までアニメ化されるのか、内容はどこまでなのか、制作会社や作画についても紹介してきます。

目次

青のオーケストラの休載理由

青のオーケストラは阿久井真先生による元天才ヴァイオリニストの少年が主人公の漫画です。マンガワンでは2017年4月25日から、裏サンデーでは2017年5月2日から連載は始まっています。

たびたび休載や長期休載があったことから、完結したと思われていましたが現在も連載は続いていて人気も高く第68回「小学館漫画賞」少年向け部門を受賞しています。

2018年~2019年

調べられる範囲では2018年にも何度か休載があったことが確認できました。この時は特に休載の理由を公表していなかったため、不明となっています。

2019年も休載がありましたが、2018年の休載時と同じように公表されていないため、理由は不明です。

2020年

阿久井真先生が出産準備のため、3か月程の長期休載がありました。この時は理由も公表しておりTwitter上でも読者かた温かいコメントや応援するコメントが多く投稿されていました。

2021年~2023年

この間にも出産と育児期間に入る為、休載がありましたが現在は不定期更新となり連載が再開されました。

2020年以降は出産準備や育児のため休載でしたが、不定期で更新もされていたので大変な時期にあのクオリティと作品を描きあげられたことには驚きですね。

青のオーケストラの連載再開いつ?

2020年とから2021年は長期の休載がありましたが、2022年の3月からは作業中の様子をツイッターでアップしていますので連載を再開しているようです。

現在は育児期間ということもあり、連載は2023年2月28日からの隔週連載になるとのことです。スローペースでの連載になりますが、ファンとしてはやはりこれからも読めるということがとても嬉しいですね。

青のオーケストラは人間関係のリアルさや演奏シーンの迫力など魅力的なところが多い作品なので、無理をせずに続けて欲しいですね。

青のオーケストラのアニメ1期は何クールで何巻どこまで?

アニメ1期は何クールで放送される?

青のオーケストラは公式サイトから何クールになるのか公表されていませんが、NHKアニメの過去の放送から考えると2クールでの放送になると思います。

理由としてはおおよそ2019年以降に放送されたアニメを見てみると、2クールで23話前後が多くなっているためです。なので、青のオーケストラも2クールで放送され23話~24話になると予想します。

アニメ1期は漫画の何巻まででどこまで?

2023年3月現在で単行本は10巻まで発売されていて、3月31日に11巻が発売されることが決定しています。1クールで1巻~5巻くらいと仮定すると、2クールでは9巻までをアニメ化すると思います。

ストーリーとしては主人公の青野一が千葉県立海幕高校に入学するところから始まります。そしてヴァイオリンを練習していた秋音律子と出会い、一緒にオーケストラ部に入ることになりました。そこでライバルとなる佐伯や秋音律子の親友の小桜ハルと一緒に定期演奏会に向けて練習をします。

迎えた定期演奏会後には3年生が引退となり、2年生が中心となりコンクールに向けて新体制のオーケストラ部になり練習を始めていきます。この後も複雑な人間関係や恋愛模様が描かれ見どころが多くあります。

9巻では一番の見せ場であるコンクールがメインとなります。そして演奏前の回想シーンもありオーケストラ部の人間関係が徐々に変化していく様子が描かれています。

もし9巻までアニメ化されれば、10巻からはオーケストラ部と合唱部によるクリスマスコンサートから始まるので区切りもいいところになると思います。

青のオーケストラの制作会社・作画

青のオーケストラの制作会社は日本アニメーションになります。

日本アニメーションの制作アニメ

  • 世界名作劇場
  • コレクター・ユイ
  • 魔法陣グルグル
  • ヤマトナデシコ七変化♥

キャラクターデザインは森田和明氏が担当しています。森田氏は他にも「瀬戸の花嫁」「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」のキャラクターデザインも担当していました。公開されたメインビジュアルを見ると同氏の特徴である、原作の透明感のある雰囲気が残りつつもキャラクターが存在している感じがあります。

漫画では表情や効果音などの描き方で読んでいると音楽が聞こえると言われていますが、アニメではこれらがどのように表現されるのか楽しみですね。

まとめ

青のオーケストラの漫画についての情報やアニメの内容についてまとめてきました。

青のオーケストラといえばやはり演奏シーンはとても気になりますね。漫画では迫力ある描写でしたがアニメではどんな音で表現されるのか楽しみです。

休載期間もありましたが、連載が再開され楽しみにしていたファンも多いと思います。最新刊の発売も決まっているのでこれからも注目していきたいですね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次