呪術廻戦211話ネタバレ考察!津美紀再登場で偽物別人?高羽の川本真琴の意味に受肉体で正体中身と100点分の殺しに千年前の術師?

今回の呪術廻戦は驚きのことが起きました。

いきなり伏黒津美紀が登場し、転送されて伏黒達の前にきましたが、100点分をもらって自身の離脱ではない、結界の自由な出入りのルール追加しだしました。そこで伏黒は姉ではないことを感じ取ったのか、誰だお前と言いました。

今回の呪術廻戦211話『熟む』では、津美紀再登場もいつ起きたのか?受肉体で中身は別人なのか?など考察していきます。

目次

日本列島で慣らし

まずは、日本で暮らす様々な人達が映し出されました。

それは外で歩いている人、会議中の人、家でPCを触る少女、家で空気清浄機を確認する家族などでした。

結界のような縦に入った何かが通り過ぎ、人々はなにかの異変に気づきます。しかしそれが何かわかっていないようでした。

恐らくこれが天元の同化前の慣らしという作業なのかもしれません。

空気清浄機の場面では、ちゃんとフィルター洗った?と言っていましたけど、これが比喩的な表現になっているかもしれませんね。

16日正午

そして16日正午に真希と虎杖達が合流していました。

真希は脹相の話だと天元様が羂索に獲られたということを聞いていました。

脹相は星綺羅羅の前で九十九の話をします。確実なことは加茂憲倫が生きていることだけがわかると言っていたようでした。というか脹相と星綺羅羅って面識ありましたっけ?

そして真希の説明で、乙骨と同列の九十九が脹相と天元と協力しても敗北したと説明し、獄門疆裏が無事なだけ不幸中の幸いだと話します。五条はまだまだ復活しなさそうですね笑

その話を聞くと虎杖も伏黒も真希について、そう言いつ冷静であり、たった数日で真希が変わったと感じていました。

この真希を見たら明らかに変わったことを感じますよね。というか全ての雰囲気が違いますよね。伏黒は真希に父親のことを感じないのでしょうか?

同化が始まらない理由

虎杖はそこでなぜ同化が始まらないのか言います。

冒頭で話した一般人の様子はニュースになっているそうで、調子を崩したりしていたがいつも通りということでした。同化を始められないのか、など考えます。ただ虎杖はとにかく津美紀の姉ちゃんだと言います。

そこで一旦追加するルールを振り返ります。

①点の受け渡し
②結界の出入り
③結界内外での通信
④死滅回遊からの離脱


伏黒は参加者は19日間点の変動がないと術式の剥奪で実質死ぬということで、殺し合わせない為にルール追加について。問題は2と3で、現在結界内の出入りができないということでした。

来栖は出入りできるということで、天使の術式でしたが、結界を消滅させるには大元を消滅させないといけないとのことでした。

そして高羽がいきなり『川本真琴の話してるー!?』と発言します。まじで謎ですけど川本真琴は実在の人物でるろうに剣心のアニメ主題歌などを歌っていた方です。なぜこのタイミングで言ったのか?

川本真琴がすごい伏線だったら面白いんですけどね。

死滅回遊からの離脱

そして真希は2と3は死滅回遊のルールでは、結界の出入りなどは制限してないと言います。

つまり転送と同じで死滅回遊のルールじゃなくて結界のルールということでした。それでルール追加で結界の出入りを可能にしても結界のルールなので、有効にならない可能性があるとのことでした。

そこで憂憂が冥冥に電話している描写がありました。電波に関しては憂憂と真希で連絡係をすることで先延ばしできるという判断をしたのこと。

だから4の死滅回遊の離脱のルールを進めるという話に。

乙骨などからもらったポイントを合わせて死滅回遊からの離脱をコガネに申請するも却下されました。ただこれは想定済みで身代わりのプレイヤーを外から招くことで離脱できるかも聞きますが却下されます。

そこでコガネからの提案で外からプレイヤーを招き、100点を消費することで離脱できるという案を言います。しかしそれは最低20人を殺さなくてはいけないことでした。コガネは決定を変えることはなかったので、伏黒はそれを承認します。

そうして、全プレイヤーにルール追加が通知されます。

津美紀の転送

そこで、津美紀の転送を考えます。

ただプレイヤーだけど結界の外にいる人物、このまま遠隔で点を渡して離脱してもらったほうがいいと虎杖が言いますが、それだとルールに抵触して、最悪離脱した瞬間に術式剥奪で死ぬかもしれないとか。まずは津美紀と合流するのが一番ということでした。

そして真希は一緒にコロニーには入れず、呪力がないので結界に認識されず、転送の時に津美紀と剥がされるとのことでした。

16日15時

そして16日15時、津美紀は伊地知と真希と一緒にいました。というか伊地知って重面春太に刺されて死んだかと思っていましたけど、死んでなかったんですね。

これいつ津美紀起きて一緒に行動することになったんですかね・・・津美紀が起きた描写は確かありましたけど、不思議過ぎる展開です。その間の出来事をまたやってほしいですよね。

伊地知は津美紀の代わりにコロニーに入るとのことで、プレイヤーの参加を宣言しないと19日で死んでしまうので、早くしないとということでした。

伊地知は学生時代は術師でしたが、五条にお前術師やめろと言われ今すぐ普通免許のMTとってこいといわれたようです。しかし同時に救われたと思ったようです。そのまま呪術師になっていたら伊地知は死んでた可能性がありますからね。

津美紀ではない人物

そして津美紀が虎杖たちの前に転送されます。

『あ…恵 よかったすごいびっくり』しかし伏黒は再会したのにも関わらず『…おう』という反応でした。虎杖に、『はじめまして弟がお世話になってます』と頭を下げます。

来栖は転送で空から落ちてくることを警戒して飛んでいました。

そこで、津美紀に100点を渡して死滅回遊から抜けられるから、その身代わりを伊地知がやるということです。

そこで津美紀はもらった100点でコガネに『ルール追加 結界を自由に出入りできるようにして』と離脱することを言いませんでした。ニチャアとする津美紀。そして伏黒は『オマエ誰だ?』と言います。

これ100点渡したのにヤバすぎます。そもそもいきなり転送が指定した場所にいくなんておかしかったですよね。

津美紀の正体は受肉体?

ちょっと死滅回遊がどんなものか忘れましたけど、津美紀が別人だとしたら、これは中身が違うということでしょう。

ただ、伏黒を兄だと覚えているというのが謎です。これは来栖と同じ状態で共生してるのか?

しかし、こんな顔をしているので、脳はそのままで受肉したという形ができるんでしょうね。

となれば、1000年前の術師ということがありえそうです。これは津美紀の意識はどこにいったのでしょうか?それとも津美紀はもともとこんな人物だったのでしょうか?

  • URLをコピーしました!
目次