齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定(アニメ)のwikiネタバレ最終回結末に何巻どこまで?

齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定は榎本快晴先生による日本のライトノベル作品であり、小説家になろうで連載された後に角川スニーカー文庫で書籍化。中国でのアニメ化を経た後に現在日本国内で日本語吹き替え版が放送中の作品です。

今回は『齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定(以下略称草食ドラゴン)について最終回の結末アニメは何巻どこまでになるのかについてをご紹介したいと思います。

目次

『齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定』は2021年に中国で既に放送済み

海外展開など色々と話題に事欠かない草食ドラゴンですが、実を言うとアニメも日本で制作されたわけでは無く、中国の制作会社とスタッフを用いて制作された後日本の声優さんで吹き替えを行って放送されている逆輸入版なのです。

そして、逆輸入が行われた経緯として日本のアニメが人気となって居る中国市場への更なる参入を目的とした角川の現地法人である角川青羽が企画をし、現地の大手動画サイトやオンラインゲームなど総合メディア企業であるbilbilがタッグを組み現地でのコミックなどの事業展開をすることになり、その際に制作されたのが日本に逆輸入されたアニメ版草食ドラゴンであり、現地中国では2022年7月よりアニメが放送されました。

『齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定』は何話何クール放送?

逆輸入作品として有名な草食ドラゴンですが、何クールで何話やるの?と言うのは非常に気になるところだと思います。そこで、草食ドラゴンは何クールで何話なのかについて調べて見ました。

インターネットやSNSで草食ドラゴンについて調べて見ましたが、何クールで何話なのかについては触れてる情報は一切なく、制作側も言及していないので現在は不明と言う事になります。しかし、本家である小説家になろうとそれを書籍化した書籍版は既に完結しており、書籍版は全3巻となります。

ですので、全3巻分を全てアニメ化するのであれば1クール12~13話あれば十分足りると予想される事を含めて1クール12~13話で原作の最終回である3巻まで描き切る事は可能と予想します。

『齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定』は何巻どこまでやる?

前述にて何話で何クールやるのかを予想した草食ドラゴンですが、本項では原作の何巻までやるのかと言う事について予想していきたいと思います。

まず、何巻までやるのかについてですが、これについても前項にてお伝えした通り原作は本家小説家になろう及び書籍版は既に完結しており、書籍も全3巻で最終回となっていて、漫画版も5巻にて打ち切りの状態となっています。

ですので、アニメは書籍版3巻までアニメ化され、物語の結末まできっちりとアニメ化されるのでは無いか?と思われます。

『齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定』のネタバレ最終回結末

前述にて原作の最後までやり切るであろうとお伝えした草食ドラゴンですが、もし原作の最終回までやるとしたらどうなるのか?その結末をご紹介しようと思います。

邪竜でも無いのに勝手に邪竜と恐れられたレーヴェンディアは生贄として捧げられた少女であるレーコと共に魔王軍へと反旗を翻す事になり、冒険の末に魔王の元へと辿り着きそこにいた魔王と正真正銘ドラゴンとその眷属をレーコの思い込みによる超人的な力で見事に撃破します。

その後世界には邪竜は魔王と相打ちになり滅びたと言う口伝と共にかつて邪竜が住んでいた根城には今はとてもレアなオオトカゲが住んでいる噂がまことしやかにささやかれるようになり、実はそのレアなトカゲは他ならぬレーヴェンディアその人であり、魔王を倒したあとレーヴェンディアとレーコは旅の最中に知り合った友人たちと共にかつての住処へ戻り慎ましやかに面白可笑しく暮らしていたのです。

こうして、騒がしいような旅は無事に終わりそれでも眷属をやめなかったレーコが引き続き引き起こす騒動に微笑みながら仲良く暮らしていくと言う大団円で物語は幕を閉じます。

まとめ

今回は『齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定』のアニメ版はどこまでやるのか?や最終回はどうなるのか?などについてお伝えしてきました。

このアニメは日本に逆輸入される前から中国で制作されるなど度々話題になるアニメではありましたが、本年1月よりアニメが放送開始されました。このアニメの放送によって原作の重版が決定したりなど何らかの動きがある可能性もあるので、引き続き要チェックな作品となる事間違い無しだと思います!

  • URLをコピーしました!
目次