呪術廻戦205話ネタバレ確定考察!九十九の術式は質量で星の怒り(ボンバイエ)と式神の凰輪(ガルダ)!羂索の重力に領域展開の胎蔵遍野(たいぞうへんや)

呪術廻戦205話『星と油』ではなんと九十九由基の術式と羂索の術式が公開され、さらに羂索の領域展開も見ることができました。

そこで今回は九十九の術式である星の怒り(ボンバイエ)自らに仮想の質量を付与すること、九十九が生み出した呪具の式神の凰輪(ガルダ)、羂索には最悪4つ目の術式があり3つ目は重力なこと、うずまきの術式は一度しか使えないこと、領域展開の胎蔵遍野(たいぞうへんや)についてなど解説していきます。

目次

総督部の情報ダダ漏れ

まずは、脹相が九十九が来たことの安心感からなのか、後は任せてと言われるとそのままふらっと倒れてしまいます。

羂索は九十九の術式を知らないようで、特級が九十九に与えられている以上、総督部は九十九の術式は知っているはずだったとか。しかし総督部から九十九の術式情報を得ることができなかったそうです。

つまり羂索は総督部と繋がっていたというか掌握していたというかですよね。呪術界のトップたちが羂索に掌握されいたとか、もう本当に終わりですよね。

九十九の術式は質量

そして術式がわからない羂索はあまり近づかないでもらおうと言って呪霊を出します。九十九はその呪霊輸入物だろと言います。

これはあらゆる障害と取り除くアジアの神の呪いであり、術式対象に概念が絡む特級呪霊だとか。

そこで九十九は凰輪(ガルダ)と言って、骨のように浮いていたものを丸くしてそれをサッカーボールのように蹴りつけます。すると羂索の呪霊に穴が開いてしまいます。

そして九十九は私の術式がわからなくて近づけないか?と言いながら答えを言います。それは『質量』ということでした。そのまま羂索に近づいて拳で殴りつけます。すると羂索はぶっ飛びます。

やっと九十九の術式についてわかってきましたね。

星の怒り(ボンバイエ)

ふっとばされた羂索の腕は手首からなくなっていました。とんでもない威力です。

そして九十九は今や古いだっちゅーのポーズをしながら術式の説明をします。『自らに仮想の質量を付与する「星の怒り(ボンバイエ)」』だそうです。

さらに凰輪(ガルダ)は九十九の術式により呪具化した式神だそうで、唯一自分以外に術式対象の存在だとか。

羂索の考察では、九十九のスピードが落ちていないところを見ると、上げた質量による術師本人への影響はないと見るべきだと考えます。概念を無視するような質量に、渋谷で使ったような特級呪霊は使えないと考えます。

羂索はすぐさま反転術式で腕を治します。

羂索でもここまで考えさせられる相手ってマジで凄いですよね。

羂索の術式は重力

そこで、今度は九十九が羂索の術式を考察します。

あれは『重力』だといいます。羂索は呪霊操術と肉体を渡る術式以外にも術式を持っていると考え、それが重力だと言います。無為転変を使わないことから、うずまきで抽出した術式は一度しか使えないと見ます。

一度しか使えない術式を反転術式を使える羂索があの場で使うとは考えられず、羂索は3つ目の術式を持っており、それが重力だと判断します。

うずまきでストックした術式ではなく、乙骨のように外付けでもしない限り脳がはち切れるとか。そして最悪4つ目の術式がありえると考えます。乙骨のコピーって本当にすごいってことがわかりますね。

脹相の血の全弾を撃ち落としたように見えたやつですね。これが重力の術式だと考えたようです。なんか重力ってワンピースだと藤虎のズシズシの実ですよね。ラスボスが使うにはちょっと物足りないイメージです。

羂索の領域展開

そして九十九は計画通り羂索に領域展開をさせて、展開後に術式が使用困難な状態にまで追い込もうと考えます。仮に同時に同じような状態になってもガルダがいる分、自分に分があると考えます。

しかし羂索は互いの術式が煙たいのに領域を展開しないのは、領域の押し合いに自身がないと言っているようなものだと言い、突如『胎蔵遍野(たいぞうへんや)』という領域展開をします。そこで、九十九は天元の名前を呼びます。すると天元は『間に合うか…?』と言って手印を刻みます。

これは、天元も同時に領域展開をしたと言ってもいいのではないでしょうか?だから間に合うか?なのでしょうね。

胎蔵遍野の意味

そしてこの羂索の領域展開ですが、二つの言葉が合わさっています。

まず胎蔵ですが、これはお腹の中に子供がいる中で子供を守り育てる意味があるとか。そして遍野は、野原一面という意味があるそうです。

見た目が胎児なのか、お腹が出ている母なのかが下に多数いますね。そこから天井に向けて悪霊のような叫びのものが複数飛び出ています。それが木のように立っている感じです。

一言で言えば、気持ち悪いですね笑

直哉の子宮と言い、今回は胎児とは・・・笑

まとめ

ということで、今回は呪術廻戦205話についてご紹介しました。

ついに九十九の術式が公開されましたね。さらにはあれが式神でもありますが、呪具でもあるということで、面白いですよね。

そして羂索の気持ち悪い領域展開、、、恐らく次回は天元との領域展開の押し合いになるのかどうか。

  • URLをコピーしました!
目次