ハンターハンター395話ネタバレ確定考察!シーラ登場で流星街出身の幻影旅団8番確定?幼少期過去にビデオテープにクルタ族虐殺事件の真相が判明か?【HUNTER×HUNTER395話】

今回のハンターハンターではなんと、幻影旅団の幼少期が描かれます。これはこれまでになかなか描かれてこなかった部分で、まさかのこんなタイミングで描かれたのは驚きです。

そして劇場版の特典であったハンターハンター0巻にのみ登場したクラピカが助けたシーラという人物がクロロたちと一緒にいる様子が映っていました。

今回はハンターハンター395話『結成①』について、幻影旅団の過去やシーラについて、エ=エイ一家のアジト捜索についてなどご紹介します。

目次

ヒンギリのカメラ

ヒンギリは猫に擬態させたカメラの映像を見ていました。

するとやはりエ=エイ一家がワープしていたことを突き止めます。

一般客室への出入り通路はここだけのはずがエリア内に入りその後出てこないまま、数時間後に別のどこからか、また一般客室エリアに入ったということでした。

秘密のアジト同様に船そのものに隠し通路が作られている可能性もあるが、301号室の罠を能力で創れるなら念による強制移動であり、それをアジトの隠し通路がわりに使っていると考えます。

シャ=ア一家の会議

一方シャ=ア一家のオウ=ケンイは仲間たちに図面でエ=エイ一家の事務所を見ていました。

軍が把握している公式の事務所が3層ですが、第四王子の私設兵小隊によって倉庫番の死体が発見された現在は封鎖されているとか。

次に見つけたのが3層の一般客室301号室の奥で未確認だが、ノブナガ達が向かっていると言います。

俺達はその間にヒンギリが見つけた2人組を追って、警察がどう動くかわからない現状では、生け捕りが理想だが状況次第だと言います。

ノブナガ侵入

そしてエ=エイ一家のアジトに向かっているノブナガたちですが、現在はアジトがある横の3つの部屋の一つにいました。

そこで、フィンクスは罠の発動範囲はわからないが、話通りなら、隠し部屋はこの部屋の4,5倍はあるはずだと言います。

そしてノブナガはトイレの方から行くかと言って、刀を抜いて四角に斬ります。すると、トイレの後ろの壁が綺麗に抜けます。そうして中にはいるも誰もいませんでした。

幻影旅団の過去!シーラ登場

そして幻影旅団の過去の回想になります。流星街にいた頃で皆かなり年齢は若いです。

今度こそ掘り出し物だぜと言ってあるビデオテープを見つけ出します。最初は流星街では縄張りが決まっていたようで、ウヴォーの領土からビデオテープをとっていったことに怒ります。

フランクリン、シャルナーク、クロロとビデオテープをパスしながら逃げていきます。しかしシャルナークはマチが持っていた木の棒を投げられて当たってしまいます。

クロロがビデオテープを持って逃げた先にはバイクに乗ったフィンクスとフェイタンがいました。渡せと言われたので渡すとそれは外国語講座20巻という別のビデオでした。

そして切り抜けて教会に行って鑑賞室を借りると、そこにパクノダがいました。テレビでビデオテープを見ようとするも何も映っていませんでした。

神父はリゾルと言い、クロロが他のビデオで勉強してることをパクノダは知っていたようです。

それから清掃戦隊タカヅケンジャーという予約ミスをしたものが映っており、そしてクロロはお願いがあると言い、ビデオの台詞を書き起こすから声を入れてほしいと言います。

クロロがその後、サラサとシーラが登場し、シーラの手には『冒険活劇ディノ・ハンター』という本がありました。将来ハンターになると言います。これしか読まないとか。

クロロが書き起こした脚本をパクノダ、サラサ、シーラに見せます。

最後のシーンでは、人さらいのような人物らが、既に子供3人を乗せて拘束していました。これはマフィアであり、流星街を守るために人を差し出していたとあったので、それかもしれませんね。

シーラとは

まず、シーラですが、ハンターハンター0巻に登場した人物で、クラピカとパイロの物語で、シーラがクルタ族の里に迷い込んで足に怪我していたことを助けました。

シーラはお礼に『D・ハンター』という書物をクラピカたちに渡します。これが今回登場した『冒険活劇ディノ・ハンター』と同じものだったようです。

そしてその数週間後に、クルタ族虐殺事件が起きます。シーラは何の為にクルタ族の里にいたのか。偵察のために入り込んでいたのか?など元々幻影旅団との繋がりが考察されていましたが、恐らくは確定でしょうね。

0巻のラストでは、『発見したのは森に迷い込んだ旅の女性に村人は128人が殺されていた』『家族はそれぞれ向かい合わせに座らされ体中に刃物を刺され生きた状態で首を切られていた』となっていました。

この最後のシーンでは、旅の女性は恐らくシーラですよね。シーラがクルタ族を虐殺したのか?これらの真相も明らかになるかもしれません。

今回のサブタイの『結成①』は幻影旅団の結成という意味なんでしょうね。

まとめ

ここで幻影旅団の伏線回収してくるとかヤバすぎです。何年前の話でしょうかね。

ちょっとこれからの話がめっちゃ面白くなる予感しかしません。クルタ族虐殺事件の真相など全てわかるのか。

王子の一人がパイロの首から上だけが保管していたりもありましたよね。

マジで楽しみです。

  • URLをコピーしました!
目次