呪術廻戦204話ネタバレ確定考察!羂索と九十九由基の術式判明!?呪霊操術ではない術式引き出し九十九が最高だぜお兄ちゃん発言!

前回羂索の強さにやられかけていた脹相でしたが、その後どうなるのか?

今回は呪術廻戦204話『血と油③』について、脹相が兄弟たちの力で応戦して羂索の呪霊操術以外の術式を引き出すこと、ついに九十九由基が出てくることなどご紹介します。

目次

兄弟たちの力

脹相は前回羂索に下級呪霊にやられかけましたが、兄弟達の力を借りて起き上がります。

その背中に3人の手で押される描写はどこかの漫画でも見たような描写でした。結構こういう背中を押す描写ってありますよね。それが今回ありました。

そして起き上がった脹相は血で手を飛ばしてロケットパンチのような攻撃をして羂索を掴みます。

まさかの使い方です。

運河

追尾する血は運河という技らしいです。

ちなみに羂索には全然効いておらず、『終わり?』と言われてしまいます。下級呪霊を肉壁にしてダメージを相殺していたようですね。

ちょっとここまでの攻撃で脹相が羂索にダメージを与えられてないのは結構厳しいです。

羂索は全然攻撃していないですからね。

さらには弟の壊相の極ノ番・翅王(しおうを使います。

これは、背中に血液の羽を作り、そこから血液を無数に飛ばす技です。

全方位血の散弾

そして脹相は翅王による全方位の血の散弾をお見舞いします。

しかしなぜか羂索の周りに穴が相手、羂索は全くダメージを受けていませんでした。

そこで脹相は気づきます。『使ったな!呪霊操術以外の何か!』と言います。

ついに羂索の防御を突破し、新たに技を使わせることに成功しました。やはり脹相は強いですね。

九十九のお兄ちゃん発言

そして羂索に術式を使わせたタイミングで登場したのが、九十九でした。

『私は一人っ子だけどさぁ 最高だぜお兄ちゃん!』と言いました。

もともとは脹相、九十九、天元で会話していた時に脹相は羂索の術式を使わせて捨て駒になるようなことから最初に相手になっていましたから、流れとしては合っていますね。

九十九もこれを聞いていたので、そのタイミングで出てきたというわけです。

いつもの骨のような呪霊なのか式神なのかを連れて登場しました。ついに九十九の術式も見られるかもしれません。これまで何度か登場しましたが、全然九十九の術式が名前すらわかりませんでしたから、今回はさすがに開示されるでしょうね。

まとめ

次回恐らく九十九の術式が公開されると思われるので、かなり楽しみです。

この骨がどんな能力を有しているのかわかりませんけど、早くみたいですね。

この感じだとまだ脹相は死なないのではないでしょうか?結構早く死ぬ運命かと思っていたのですが違うかもしれませんね。

  • URLをコピーしました!
目次