ハンターハンター394話ネタバレ確定考察! モレナのツェリードニヒの私設兵を引き込むための計画【HUNTER×HUNTER394話】

今回はほぼ主人公側のメインキャラは出てきていません。というかゴンキルはほぼ出てこないでしょうね。

ハンターハンター394話『想定』では、モレナがツェリードニヒを裏切った事により、始末しにくると考え、監視するために私設兵を一人引き入れたいと考えていることや、前回部屋に入った伍長が突如消えたことについて紹介していきます。

目次

消える老人

前回、老人の部屋に入った伍長がいなくなったので、ヒンギリはナイフを投げて威嚇しました。

こっちにこいという命令をきかなかったので、今度は太ももにナイフを投げると痛いと叫ぶも老人からは血が出ていませんでした。

ヒンギリは本体はどこだと聞きます。

しかし老人は答えずに、昔当たり屋をやっていて派手に転がって痛がればまともな人間ほど勝手に大怪我だと思ってくれたもんだといいます。

そしてそのまま体ごと消えていきます。

なんか王位継承編では、移動系の念能力が多いような気がします。ルイーニーやカチョウとフウゲツの能力だったりありますよね。

強制移動の念能力

シャ=ア一家の若頭はヒンギリにエ=エイ一家は幻影旅団に任せないかといいます。

別の部屋を見てタッシという人物が中に入るとタッシが消えます。

すると、強制移動した人物はその部屋に行くと即座に殺されていました。

そこにいたのは

・トムレベル(放出系)運び屋兼殺し屋レベル21
・シフォン=トト(具現化系)裁縫・装飾品工房レベル6
・モンブラン=トト(具現化系)死体処理・飼料製造業レベル3


シーコやココという人物もいました。ポコンテという人物の念能力が部屋と部屋の扉を繋げる能力のようです。目的は人を殺してレベルを上げて念能力を獲得するものだったと思われます。

予想では部屋に入ったらどこかへ強制的に移動する罠だとヒンギリが言います。そして若頭は連中ならこの罠はなんとかするさと幻影旅団に任せようとします。

めんどくさそうな相手を幻影旅団に押し付けるのは得策ですよね。まず幻影旅団に勝てる存在って少ないでしょうからね。

引き込む

モレは第四王子のツェリードニヒの私設兵を一人引き込みたいと話し、性格上裏切った私を始末しようとするけど継承戦の最中だからどうやって動くかわからないと言います。

そこでツェリードニヒを監視するために引き込んだ私設兵に対してモレナの恋のエチュード(サイキンオセン)で感染させたいと言います。この念能力は能力を授ける能力です。

ここで登場したモレナの部下は以下。

・マトベール(変化系)人材派遣・斡旋業レベル21
・ソドム(操作系)闇医者兼殺し屋レベル31
・オラルジ(強化系)廃棄物処理業者レベル21
・ヨコタニ(具現化系)悪専弁護士レベル27
・ドッグマン(強化系)プロレスラーレベル36


この中でもモレナはドッグマンが一番大切な役割として必ず見つけ出してちょうだいと言います。

ツェリードニヒの私設兵

ツェリードニヒの私設兵ですが、元は友達という立場で接していたようです。そして今はツェリードニヒの私設兵という形になったようですね。ツェリという愛称で呼んでいたようです。

そしてハンター協会が王族とマフィアの癒着に気づき、王子の護衛に最善を尽くすことになれば、マフィアを掃討することにもなり、国対マフィアの戦争になると言います。

ツェリードニヒはジョジョのキング・クリムゾンのように時間を飛ばす能力で、その先の未来を先に見てその中で自分がどう動くか決めることができます。しかし見た未来の相手はこちらがどんな行動をとっても言動すらそのままです。まぁチート能力ですね!

まとめ

正直今回の話は難しくて半分しかわかりませんでした笑

文字が多くて理解が難しい回でしたね。以前からハンターハンターはこういう部分が多いですけど、今やっている王位継承編は特に難しいです。

これからはもっと理解しやすい展開が出てくると嬉しいですね笑

  • URLをコピーしました!
目次