呪術廻戦203話ネタバレ確定考察!腸相瀕死で死亡?VS羂索で九相図の力を借りてファイヤー!虎杖の役割は器だけ?

前回、薨星宮に侵入してきた羂索を迎え撃ったのが、腸相でしたがその続きからになります。

呪術廻戦203話『血と油②』では、誰が羂索を迎えに行くかの会話と腸相と羂索の戦いがメインとなります。さらに虎杖の役割は器としての役割だけということが判明したので、ご紹介していきます。

目次

誰が迎え撃つか

羂索が侵入してきたことを知り、天元、九十九、腸相がこたつで話し合っていました。

腸相が一人でやらせてくれと言うと九十九が死ぬよ?と言います。2対1で加茂憲倫とやるか?邪魔だろう?と言います。

だったら一人で先に出て少しでも手持ちの呪霊や術式情報を引き出して九十九に繋ぐのがベストだと言います。もし領域を使わせることができたなら、その後に九十九が有利になるという話でした。

九十九はもう一度死ぬよ?というも腸相は奴さえ殺せればいいとおれや弟達の半身である母親の呪いの為、そしてーーと言います。

このそしての後の言葉が気になります。

腸相はここで本当に死んでしまうかもしれません。というか確実に死ぬでしょうね・・・こんな人が少ない場所でっていうのが死に場所として嫌ですね。

羂索VS腸相

そして、前回穿血を放った腸相でしたが、それを羂索に避けられて、呪霊を出されます。羂索は浮き上がった石畳を使って接近してきたので、腸相は超新星を使います。

しかし懐に忍び込まれて一発食らってしまいます。

そこで腸相は羂索に悠仁に何をさせるつもりかと聞きます。すると羂索がアレは具体的に役割があるわけじゃ、でも役割があるとすれば器であることや役割ですでにそれは済んでいるから、虎杖悠仁は始まりの狼煙だと言います。

アレが宿儺と行き続ける限り、呪いの連鎖は止まらず新時代の台風の目だと言います。

しかし腸相は違うな、お前が行き続ける限りだろと言います。

虎杖って本当に宿儺の器としての役割だけなんですね。台風の目というのは、宿儺が存在していることで、蘇った過去の術師もそこに集まっていき、さらには、宿儺の存在をよく思わない呪術師界の連中も無視できなくなるといったことですね。

ということは、一番最初に虎杖の学校に宿儺の指を置いたのも羂索だったということでしょうか。

低級でも呪力で強化

羂索は呪霊を地面から這わせて腸相の動きを止めます。そして殴って、君が斥候なのは理解してると言い九十九に術式を理解させようとしていることも看破されます。

腸相は失敗作だから、呪霊も低級しか使わないと言います。

そして術師の特急が何を意味するのは知ったほうがいいと、放った呪霊で攻撃すると、腸相は全身が破壊されて、とんでもない姿になります。

単独でも国家転覆が可能であること。五条悟も言わずもがな夏油傑も呪霊操術で異形の軍隊を持つことができるわけだからねと言います。

低級呪霊でも私の呪力で強化すればこうなると言います。呪霊も呪力で強化できるというのは、なかなか厳しいですね、羂索の呪力がどこからきてるものなのかわかりませんけど、今の体とは関係あるのかどうか。夏油傑は特急術士なので、その呪力はかなりあったはずですし。

九相図の力を借りて

そして腸相の様子を見て、天元は九十九の名前を呼びますが、九十九はまだだと言います。これを見てもまだやれると思っている九十九。

瀕死の中、腸相は俺は兄失格だ。弟達を守って背負ってお手本になってそれがお兄ちゃんだと言います。

俺は面白くないクソみたいな親に一撃もいれられやしない。弟達を面白くないなんて言わせやしないだから、九相図兄弟!!と叫び、お前たちの力を貸してくれとファイヤー!と叫びます。

最後、『GO!!九相図GO!!』という編集担当の煽り文でしたが、この最後・・・笑

死に際の腸相のシリアスな場面にこの煽り文絶対合いませんよねw

まとめ

ということで今回は呪術廻戦203話についてご紹介しました。

どうみてもラスボス相手に腸相が勝てるわけがないですし、自分が九十九が勝つために戦うということの役割をしていましたね。

なのでここで腸相は本当に死んでしまうと思われます。虎杖のいない場所で腸相が死んでしまうのってなんか嫌ですね。。。

  • URLをコピーしました!
目次