呪術廻戦197話ネタバレ考察!直哉が領域展開で能力強さと名前は?人型直哉が呪霊の中から這い出てくる!

前回、真希が三代六十四と相撲をとったことで、大道鋼が言っていたことを理解したのか吹っ切れることができました。

あの結界の中に入っていたのは1分だそうで、その時間で覚醒を果たしたようです。

ということで今回は呪術廻戦197話『桜島結界⑦』の直哉が呪霊の中から人型の姿が這い出てくること、最後に領域展開をすることなど紹介していきます。

目次

真希が覚醒中

三代との相撲で何かを掴んだ真希ですが、結界から出てきたのを見て、大道が『一皮むけたようだな!河童が何かしたか!?』と思います。

大道はかなり強者のようなので、それをすぐに感じ取ることができたようですね。

この1分で憲紀が攻撃されていないのも不思議ではありますけど、大道が牽制していたと思いましょう。

そしてここからがまた真希と直哉の戦闘が再開されます。

全てを躱す真希

そして直哉が真希への攻撃を再開します。

直哉はさらにスピードを上げて真希に攻撃をして、『殺った』『捉える』と言うものの全て攻撃は空振りしてしまいます。

直哉は『スピードでは圧倒してるはずや!なぜ捉まれへんねん!』と言います。

真希はスピードだけではない何かを感じているようですね。これが大道や三代が言っていたことなのでしょうか。

真希は空中ですら動きを変えて攻撃を躱すことができたようです。

大道と三代が直哉に攻撃

そんな中、三代は強烈な頭突きをかまし、大道は直哉の胴体を半分に斬り裂きます。

これ2人の攻撃力を見ても、真希がいなくても勝てそうですよね笑

ちなみにまだ真依の剣は大道が持っているようで、真希は素手で戦っているようですね。

真依の剣を使わずとも渡り合っているのは本当にすごいですよね。

呪霊から人型直哉が出てきて領域展開を発動

そして大道に斬られた直哉は『なんで』『ありえへん』と驚きを見せます。

そこで真希の後ろに禪院甚爾の姿が重なり『そこに立つんわ俺や!』と言いながら、なんと呪霊の体の一部からなんと人型の直哉が出てきます。

その姿はもう呪霊ではなく普通の人間ですよね。血まみれになりながら最終形態なのか、姿を現します。

そしてなんと、そこで領域展開を発動させて、今回は終わります。

直哉本来の実力では正直領域展開を発動できる段階にはないと思っていましたけど、呪霊になって進化したことにより、使えるようになったということなのかもしれません。

直哉の領域展開の能力強さに名前は?

そして領域展開ですが、基本的に難しい漢字の名前が多いですけど、さすがに予想するのは難しいです。

この最終ページの絵でも直哉は領域展開の時に誰しもが見せる手印を見せておらず、その指や手がどうなっているのかも気になりますよね。

領域展開のポーズって誰でもかっこよく見えますからね。

この直哉の領域展開はどんな効果をもたらすものなのか?その強さも気になります。

基本的には直哉は投射呪法の術式しか使えないはずですから、そこから発展させた領域展開なのかもしれません。

まとめ

ということで今回は呪術廻戦197話についてご紹介しました。あと3話でついに200話ですけど、何かあるかもしれませんね。

ちょうど直哉との戦いに決着がつくのかもしれません。

そろそろ死滅回遊以降全然登場していなかったキャラが見てみたいですよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次