東リベ佐野真一郎の正体はもう一人のタイムリーパーで確定!マイキー兄は生きてる生存で一虎に殴られて死んだ時タイムリープ?【東京リベンジャーズ268話】

東京リベンジャーズ268話『Another such』にてなんとマイキーが『佐野真一郎がタイムリーパー』という発言をしたことにより、ついにもう一人のタイムリーパーが明らかになりました。それは今牛若狭ことワカから知らされたということでした。

そこで今回は佐野真一郎のもう一人のタイムリーパーについて、どうやってタイムリープしていたか?なぜ最終的に死んでしまったのかなど考察していきます。

目次

東京リベンジャーズ268話振り返り

https://twitter.com/Strawberry15032/status/1421778241283444738

マイキーを未来視で殴ることに成功したタケミチでしたが、それだけではマイキーは倒れません。

しかし一発入れただけで周りは大騒ぎします。

マイキーになぜ戻ってきたと聞かれたタケミチは、死ぬ間際にしか助けを求められないほど深い闇を抱えているのを見てしまったから戻ってきたといいます。

そして2年前オレが未来に戻るまではそんなんじゃなかったと言います。そしてマイキーはこの黒い衝動が何かわからなかったけど、三天戦争の数日後にワカから教えてもらったと言います。

『1つ目の世界線のままならお前もこんなに苦労しなかっただろうな』と言い、『黒い衝動は愛から生まれた』『その男はオレを救うために時を遡った』『佐野真一郎はタイムリーパーだ』と言います。

佐野真一郎はどうやって時を遡った?

まず、タイムリーパーになったタケミチについて見ていきましょう。元々のタケミチは電車のホームで押されてからそこに落ちて目が覚めると過去に戻っていました。つまり死んだと思っていいでしょう。

そしてナオトと握手をすることで未来に戻ったり、過去に遡ったりできるようになりました。

もしこの条件が同じなら、マイキーの兄である佐野真一郎はタケミチと同じように死んだ時に最初のタイムリープをしたのではないでしょうか?

佐野真一郎が死んだのは一虎に殴られてのことでした。もしかするとこれがタイムリープのきっかけだった可能性です。もしくはこれが失敗した最後のタイムリープだったということです。

そうして過去に遡ってしまった佐野真一郎は、そこでマイキーが黒い衝動にとらわれることを知ってしまった。だから何度も遡ったとかではないでしょうか。

そしてナオト役をしたのがワカだったという可能性です。

佐野真一郎のタイムリープは失敗?生きていた世界線も?

ただ、タイムリープをして遡った結果、結局はマイキーは黒い衝動にとらわれることとなり、自分も死んでしまい、その世界線のまま続いていました。

もしかすると一番最初のタケミチが生きていた未来の世界線は、佐野真一郎が生きていたという世界線だったかもしれません。ただ、その場合ヒナは死んだままではないでしょうか。

しかしそこでマイキーは黒い衝動にとらわれたのを見て、たまたまタイムリープした結果、それを救うおうとしたとかはどうでしょうか。

しかし最終的に失敗してしまった結果がこうだったのかもしれません。

黒い衝動の正体

そしてマイキーの別の人格のような黒い衝動ですが『愛から生まれた』と言いました。

これは、佐野真一郎に対するものなのか、東卍の仲間に対するものなのかわかりませんが、そこの何かがきっかけで黒い衝動が生まれてしまったんでしょう。

佐野真一郎がこれを救おうとしたということなはずなので、黒い衝動が生まれたきっかけがマイキーにはあるはずです。

これからはタケミチがそれを探して、再度タイムリープするということにならなければ、マイキーは救えないのではないかと思ってしまいます。

タイムリープは一人しか使えない?突き落としたのは

そして時系列的には、タケミチがタイムリープできるようになってからは既に佐野真一郎は死んでいた時系列です。もしかするとタイムリープは一人しか使えず、佐野真一郎が死んだことで誰かがタイムリープを使えるようになった、だからタケミチが使えるようになったとは思えないでしょうか?

そして佐野真一郎が見た未来で、マイキーを救えるのはタケミチしかいないと思った何かがあり、タイムリープの能力をタケミチに託したとかはないでしょうか?

確かあっくんが電車のホームから突き落としたと思いますけど、それは2回目以降のタイムリープなはずです。あっくんはタケミチのそばにいたおかげで東卍におり、稀咲鉄太に操られてその行動をしました。しかし一番最初の純粋に突き飛ばされた時は違うのではないでしょうか。

そしてそれが佐野真一郎だった可能性です。もうひとりのタケミチという説もありますが、佐野真一郎がタケミチをホームに突き落とすことで、タイムリープ能力を与えたというのはどうでしょうか?なので一番最初の世界線では佐野真一郎はまだ生きていた可能性です。

まとめ

三途がタイムリーパーなど色々な説がありましたが、なんと故人がタイムリーパーだったとは驚きです。

どこかで佐野真一郎が生きていた世界線があったというのは恐らく確定ではないでしょうか?

もし叶うなら、タケミチが再度遡って、それすら改変してしまって佐野真一郎が生きている世界線で東京リベンジャーズの最後を迎えてほしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次