ヒロアカ365話ネタバレ考察!爆豪の心肺蘇生にミルコの死柄木への決死の攻撃【僕のヒーローアカデミア365話】

前回のヒロアカではなんとエッジショットが個性で自分を紙のように薄くして爆豪の中に入り込んで心臓になろうとしていました。

ヒロアカ365話では、その個性を発動させて、心肺蘇生を試みようとします。さらに死柄木弔にやられて満身創痍だったミルコでしたが、死柄木を少し恐怖させるような足掻きを見せます。今回はこれらについて解説考察していきます。

目次

爆豪の心肺蘇生

まずはエッジショットの個性について説明されます。『紙肢』身体を薄く細く引き伸ばせる個性であり、幾年月の研鑽を重ねた身体は更に細く流血も止まるほどに引き締まりさらに薄く蜘蛛の糸のようになれていました。

さらにウォッシュからもらったバブルで身体を洗って、内から心肺蘇生を試みます。

そして意識を取り戻してくれ、動いてくれと願いながら、エッジショットは極限状態に自身の生命を徐々にすりつぶしていました。

これは爆豪が蘇る展開ですよね。ここで失敗するというのはさすがにないかなと思います。ただエッジショットが死んでしまうというのは結構キツイですよね。

ミルコの足掻き

そして凄いのがミルコの足掻きです。

死柄木は傷はついていた為に、ミルコは必死になりながらも攻撃を加えます。

その形相に爆轟の時と同じようにミルコにも驚異を感じてしまいます。

死柄木もダメージの蓄積なのかふらつきます。ミルコは乱蹴を食らわせて、人間死ぬ時は死ぬけど後悔残して死んでられねーからなと言います。

ここでのミルコの強さはエグいです。でも最終的に死んでしまいそうで怖いんですよね。

ミルコの見た目がモンスター

そして必死に死柄木と戦うミルコの姿ですが、なんとヴィランのようにすごい顔をしています。

ぱっと見たらミルコとはわからないですよね。

ミルコの個性は兎であり、『兎っぽいことは兎以上にできる』というもののようです。

腕も脚も半分ない状態で、正直ここのミルコは泣けてきます。

死柄木弔のさらなる成長

そして死柄木は、もう皆を壊したはずなのに、壊れていない僕には誰も手を差し伸べてくれなかったと誰も見てなかったくせにと昔を思い出しながら、内に蓄積された個性群が多様な外的環境に見合うように身体が最適な形態を模索していると言います。

すると様々な人の形をした何かが死柄木から出てきます。

ちょっと土人形のような感じで気持ち悪いですね。個性を奪った相手の姿をコピーしているのでしょうか?それだったらエグいですね。

まとめ

最終的にはさらに死柄木弔が成長するような流れになってしまいました。

あの場面でさらに強くなるというのはかなりしんどいです。さすがにミルコはやられそうです。デクが来てしまったらもう最終回へのカウントダウンですけど、オールフォーワンと死柄木弔のどちらに向かっていたんでしたっけ?

ともかくデクいつ来るんだという感じですよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次