呪術廻戦196話ネタバレ考察!真希と三代六十四が相撲を取り吹っ切れる!

前回、大道鋼が真依の剣を使うことで、真希は同じように振ってもああはならないと、禪院甚爾との違いは何なのか思っていました。

そこでラストでは、三代六十四が相撲を取るように呼びかけて終わりました。

今回、呪術廻戦196話『桜島結界⑥』では、やはり真希と三代六十四が相撲を取ることになり、そこから真希は自由になることを感じ、最終的には吹っ切れることになります。それを解説考察していきます。

目次

真希と三代六十四が相撲

『とろうぜ相撲』三代六十四が簡易領域を展開しますが、純粋な相撲勝負のために呪術的な縛りを排除するため、領域は招かれた両者が了承しない限り完成しないようになっていました。

そこで真希はいいぜと答えて2人は相撲を取ることになりますが、憲紀は何を考えていると驚きます。

しかし真希は考えすぎてるからスッキリさせてくれと、自分に何が欠けているのか、何が見えていないのかを見つける為に相撲をとることを選択したようです。

まさかのここで相撲とは面白いですよね。直哉は傍観だけですかね?笑

真希の師匠

そして、真希は三代と相撲を取りますが、最初は真希が叩きつけられてしまいます。

しかし三代は本気ではないことを見抜き、そんなもんじゃないだろと正面からやったら食われると思ったようです。そして三代は真希にどうして集中できないのか問います。

真希はこれまで師という存在がおらず、強くなるために誰かに頼るという発想がありませんでした。その話を三代に打ち明けます。

そこで三代はそれを理解し、もう一度相撲をとろうと話して、それしか教える方法はない、相撲を通してでしか伝えられないと言います。

そういえば呪術師ってほとんどの人が誰かに学んで成長していっていた感じでしたよね。真希の師匠的な存在がいなかったんですね。

相撲の再戦

そして、相撲の土俵で真希に対して、あの時の侍が言っていることが理解できていない真希に対し、俺は理解できるぞと言います。

そして『輪の中で一対一、人間がぶつかり合う謂わばこみゅにけーしょん。だがその人間は輪の外で作られている。土俵の中に入った人間を突き詰めていくには、土俵の外に出るしかねえのさ。本当に出るわけにはいかねえけどな。

『嬢ちゃんは囚われすぎていること、それは、相手、呪い、人間であること、でも相撲ってそういうもんだろ』と言います。

と言います。ちょっとよくわからない話でした笑

そして、さらに以下のように大道の言葉を翻訳してくれたようですね。

『土俵に上がるまでの全てが互いに流れ込んでくる時がある』『花を嗅ぐように』『音を見るように』『相手の全てを感じ取れる』『そうなったら目の前の肉体も勝敗すら意味をなさない』『侍が言いてえのはそういうこと』
『つまり自由さ』

三代はこのように真希に話し、あとは体感するしかないと相撲とろうと言います。

吹っ切れる真希




そして、最後には三代は真希に最後の相撲を挑み、領域から飛び出して『絶好調』だと言います。

ちょっと理解不能でしたが、これで真希が何かを掴んだようです。

吹っ切れた真希はこれからどうなるんでしょうか?正直こちらとしてはあまり理解はできませんでした笑

ちなみに次週は休載です。

まとめ

今回は呪術廻戦196話についてご紹介しました。

真希はこれまで師匠のような存在はいなかったことや、まさかの大道や三代という突然出会った相手に学ぶなんて凄い展開ですよね。

これはもう直哉を倒すための真希成長回ですよね。

真依の剣を次手にした時の真希は変わっているのでしょうか?楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次