呪術廻戦193話ネタバレ考察!直哉の超高速スピンで真希死亡?加茂憲紀の赤縛とも空気爆発?

前回、芋虫呪霊から進化を遂げた直哉が蛹のような姿になっており、加茂憲紀が吹っ飛ばされます。

そして今回呪術廻戦193話では、ギリギリ直哉の手から逃れた憲紀が赤血操術の『赤縛』で直哉を拘束するも逃れられます。空気を爆発させたり、手足を閉じて高速スピンをしてマッハの速度で真希にぶつかり倒すということで、その内容を解説考察していきます。

目次

赤鱗躍動で逃れる憲紀

前回、蛹に進化した直哉に吹っ飛ばされた憲紀ですが、さらに直哉に握られてしまいます。

しかし憲紀はなとかその手から逃れることに成功します。そして直哉の素早さから一瞬でも止まると死ぬということで赤鱗躍動で身体能力を上げて動くスピードをあげます。

輸血パックから血を使ってはいますが、憲紀の持つ血にも限界があるでしょう。できれば早く決着をつけたいですよね。ただ、憲紀の力ってそこまで強くないと思いますから相手としてはかなりつらいでしょうね。

真希が一刻も早く仕留める必要があります。

赤縛で直哉を拘束するも逃げられる

そして直哉は続けて憲紀を狙います。しかしそれを真希が剣で受け止めます。

その時に憲紀が赤血操術の『赤縛』で直哉を拘束します。これは、以前伏黒の式神である鵺の動きを止める為に使用したことがある術です。

そして動きが止まった直哉を真希が攻撃しようとしますが、直哉は赤縛から逃れます。

もう憲紀の能力でどうにかすることは結構厳しそうですよね。以前、直哉はその術式嫌いやねんと言っていましたから、腸相のこと覚えているのでしょう。

直哉が空気爆発からのマッハ3の高速回転のアタック

それから真希はこの呪霊について、直哉であると憲紀に告げます。そういえば言ってなかったなと思いました。

呪霊になっても直哉の中身は変わらないことに憲紀は驚き、真希は直哉の術式である投射呪法を使えることを話します。

その後、直哉は術式を使い爆発を引き起こして、空気を凍らせることにより、手足でフレームを叩きます。そして手足を閉じた直哉は超高速回転します。

そうしてエネルギーを溜めて一気に開放するとマッハ3の速度で真希にぶつかり、真希は倒れてしまいます。

直哉はうそやん、こんなんに俺一度負けたん?と言います。

最後の担当の煽り文が『加速する進化!!』でなんか笑っちゃうんですよね。

真希は死亡してしまう?

さすがにこのまま覚醒した真希が負けてしまうことはないとは思いますが、もし負けたとしたらマジでエグい内容です。真希が殺されたら、憲紀もそのまま殺されてしまうでしょう。

なので真希が起き上がってどうにか直哉を倒すしかありません。

ただ蛹に進化した直哉はさらに進化する可能性も残っています。もしそうなれば、他のキャラが助けるにくるといった流れにならないと厳しいかもしれません。

直哉に関係する人と言えば誰でしょうね。

まとめ

このまま真希は負けてしまうのか?それとも復活して直哉を倒すのか?

最後の進化形態もあれば見たいので、もう少し直哉との戦いを見たいですが、真希の体も心配です。

ここから真希の力だけで挽回するにはどうすればいいか想像がつきませんけど、どうにか直哉を倒してほしいです。

次回も気になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次