呪術廻戦192話ネタバレ考察!直哉が湯婆婆や繭から蛹サナギ呪霊に進化で顔がキモすぎる!加茂憲紀が輸血パックから穿血も

前回登場した芋虫呪霊が禪院直哉だったことから、加茂憲紀と真希が応戦していました。

そして192話では直哉との第二ラウンドが始まります。さらになんと直哉が芋虫から繭か蛹に進化したのか、それに次いでめちゃめちゃキモい顔になって登場もしました。輸血パックの血を付けた矢を射った加茂憲紀の技もご紹介していきます。

今回は、繭から湯婆婆呪霊になった直哉や加茂憲紀の穿血の矢などご紹介していきます。

目次

直哉の呪霊化は呪力で殺してないからだった

呪術廻戦の設定では、呪力で殺さないと呪霊化してしまうというものがありました。

そこで、今回真希と直哉の会話で真希は呪力のない私が殺せばこうなることは想定できたはずだったと言います。しかし直哉は僕を殺したのは母親だと訂正します。

どちらにせよ呪力なしで殺された為に呪霊化したということでいいでしょう。

それでもこんな簡単に呪霊化してもらっては困りますよね。恐ろしい世界です。

直哉が湯婆婆呪霊に?

今回芋虫状態だった直哉ですが、なんと湯婆婆のような気持ち悪い顔の呪霊となって突っ込んできます。

顔がマジでキモすぎてもう直哉との繋がりが全くわかりません。

ここまで来るとマジでブリーチのホロウみたいですね。

鼻のデカさが湯婆婆って感じなのですが、ちょっと直哉ではありませんよね見た目的にw

キモいしか言葉が出てこないフォームです。

真希は冷静に直哉を斬る

正直戦いの中で速さはあるものの、真希は冷静であり、負ける気がしません。

湯婆婆呪霊になった直哉でも、真希は普通に斬ります。

ただ、湯婆婆呪霊は手が生えており、真希の首を掴んだりもします。

この速さはやはり生きていた頃よりも速い速度の投射呪法を使えているということかもしれません。

ただ、1秒24分割は変わらないはずなので、ちょっと謎です。

領域展開を使えたら相当強くなったとは思うのですが、そこまでの実力はさすがにないんでしょうね。

加茂憲紀が輸血パックの血から穿血


そして加茂憲紀は、3本の矢を放ったりと真希を遠くから手助けします。矢の攻撃に直矢も憲紀だと気づきます。

真希が斬ったと思いきや、突如繭のようなものが出てきます。真希は受胎だと言い、攻撃しろと憲紀に言います。

すると輸血パックを取り出してそれを破るとその血を込めて『穿血』を放ちます。

穿血は通常百歛で加圧圧縮した血液を両手で挟んで矢のように飛ばす技です。

それを直哉の繭に向けて放ちました。

繭の受胎から蛹(サナギ)に進化した直哉

https://twitter.com/JayKnY/status/1552291787804495875

しかし穿血で祓ったかと思いきや、繭の受胎から登場したのがサナギのような姿になった直哉でした。

まじで最終的に蛾とか蝶になりそうですよね。

湯婆婆状態よりは全然いいんですけど、加茂が一瞬で直哉蛹にぶっ飛ばされています。

加茂は戦闘不能になった可能性がありますね。なので真希と直哉の一対一になると思われます。

まとめ

ともかく直哉の湯婆婆呪霊がキモすぎてヤバい回でした。

何となくはそうなるんじゃないかとは思っていましたが、繭から進化しました。

まさか最後の形態では、羽が生えて蝶もしくは蛾になるかもしれませんね・・・

人型に戻って羽が生える展開はまだアリだとは思いますけど、気持ち悪い見た目はもう今回で十分ですよね笑

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次
閉じる