ジルクニフの髪の毛はげにかわいそう!死亡やぺリユロとスレイン法国の仲も【オーバーロード4期】

ジルク二フ』は『オバロ』こと小説オーバーロードに登場するキャラクターでバハルス帝国皇帝。スレイン法国などと密談したりと策謀を巡らす勝手に自爆したり、ある時は顔ゲーをかましたりととても皇帝とは思えないキャラクターとなっています。

今回はジルクニフについて髪の毛?の事死亡するのかスレイン法国との仲などについてもご紹介したいと思います。

目次

ジルクニフの髪の毛がはげてきている

ここではジルクニフの毛髪ははげかけているについてご紹介しましょう。

まずジルクニフとはバハルス帝国皇帝の現皇帝であり、間違いなく歴代皇帝の中でも最強クラスの才覚を持っているとされる人物です。

しかし、その才覚故かリ・エスティーゼ王国と領土争いをしているエ・ランテル近郊にナザリック地下大墳墓が転移してきてからは、自らの処理能力を超える事態が多発する事に頭を悩ませ、そのせいかナザリックやアインズに対しては見当違いな推測をすることも多く、デミウルゴスからは『中途半端に賢い』と評される始末になってます。

そんな、ジルクニフですが、デミウルゴスの策謀に踊らされ双子に帝都を襲撃され脅される形でナザリックへ赴き同盟を結ばされ、王国との戦ではアインズに『一番強い魔法を使ってくれ』とお願いしたために大虐殺が引き起こされ、以降部下の裏切りや信用低下に見舞われ自らの情報処理のキャパシティーを越えるストレスに晒された結果現在は抜け毛が増えています。

ジルクニフは今後死亡する?

前記にてジルクニフの髪の毛についてご紹介しましたが、ここではジルクニフは今後死亡する?についてご紹介したいと思います。

ジルクニフが今後死亡するかについて結論から先に言うと死亡しません。それどころか今後はアインズ・ウール・ゴウン魔導国の属国の王となります。

属国の王となった後は、魔導国の戦力によって以前よりも国防は充実し、さらにアインズの計らいで帝国領土は依然と同じで安泰となるなど、ジルクニフにとってメリットしか無い状態になり、余計な事を考える事もなく肩の荷も降りたジルクニフは気持ちが晴れ晴れとします。

ジルクニフのオーバーロード4アニメでの登場回

前記ではジルク二フは死亡する?についてご紹介しましたが、ここではオーバーロードⅣでのジルクニフの動向についてご紹介したいと思います。

オーバーロードⅣにでのジルク二フについての動向ですが、ジルクニフは魔導国との戦力の差を埋める為に、リ・エスティーゼ王国、スレイン法国、竜王国、ローブル聖王国など、ナザリックに近い人間国家五か国による対アインズ一大包囲同盟の発足を思案し、締結の為にアインズの目を盗んでスレイン法国を訪れます

しかし、最初の交渉相手であるスレイン法王との密談を偶然居合わせたアインズに抑えられ、更には帝国最強の戦士であるゴ・ギンを魔導国へ引き抜かれた事によって勝てる見込みは無くなったと勘違いしアインズへ属国となる事を志願します。なお、属国となり肩の荷が降りた事で精神的に安定し持病と化していた胃痛やストレス性の抜けがは見られなくなりました。

ジルクニフとぺリユロとの仲

前記では、オーバーロードⅣでの動向についてご紹介しましたが、ここではジルク二フとぺリユロの仲についてご紹介します。

まず、ジルク二フとクアゴア氏族の王であるぺリユロの出会いについてですが、二人の出会いはナザリック大墳墓の待合室でした。互いに魔導王に拝謁するために地下大墳墓の待合室で待ち合わせていて遭遇。そして、コイツはなんなんだと腹の探り合いを始めます

そして、互いの腹を探り合った結果どちらもが『魔導王に挑戦し、完膚なきまでに叩きのめされて属国となった国の王である』という同じ境遇の持ち主であると判明して、意気投合し唯一無二の友呼び合える存在にまで発展していきます。

まとめ

今回はオーバーロードに登場する『ジルクニフ』についてご紹介しました。

ジルク二フは初登場から現在放送中の4期まで無事に生き残り登場するキャラの一人ですが、頭が回り過ぎるが故に自爆する事も多く、読者にシリアスな笑いを届ける貴重な存在でもあります。そんなジルク二フ率いる帝国がオーバーロードⅣでは魔導国の属国となってしまうので、その後はどうなるのかなど要注目です。

  • URLをコピーしました!
目次