呪術廻戦187話ネタバレ考察|鹿紫雲一400年前過去に羂索登場!秤は2回目の大当たり領域展開!

前回の最後で、秤は2回目の領域展開を発動しましたよね。それからの戦いがどうなるのかとても気になっていました。

今回は呪術廻戦187話『東京第2結界⑥』について、秤が2度目の大当たりを当てたことでの戦いはどうなるのか?鹿紫雲一の400年前の過去に登場した羂索と宿儺の存在などご紹介します。

目次

確率変動開始

再度領域展開『坐殺博徒』を発動した秤。

秤の領域展開は必中効果が無害というものなので、押し合いに強いそうでそのスピードは渋谷の真人も凌ぐそうです。ものすごいですねw

鹿紫雲は『彌虚葛籠(いやこつづら)』つまり、簡易領域の発動で領域を中和させようとするのですが、その発動を諦めるより早く、『坐殺博打』のルールを頭の中に理解されられます。そして大当たりを引くこと前提のものだと理解します。

そして秤は『確率変動突入!!』と言います。鹿紫雲にはそっちの景気はどうだと聞くと、今のお前は不死身じゃないだろと言います。

これは当たっており、不死身なのはラウンド中です。現在は確変突入している大当たり前の状態なので、不死身ではない状態でした。

適度に楽しむ博打(じんせい)なんてありえねえと言うと鹿紫雲は死んでも同じセリフが吐けりゃいいなと秤に攻撃します。

確かに通常の実力的には鹿紫雲に劣ると思われるので、この間に死ぬほどの攻撃を受けてしまえば秤がそのまま死んでしまいますよね。

秤が再度の大当たり

しかし秤は鹿紫雲の攻撃を凌ぎきります。

『継続リーチだ!』と言うと今度は6の数字で大当たりを引き当てます。そして音楽がスタートし、秤に呪力が溢れてきます。

まだ鹿紫雲のは領域展開を見せていませんから、正直このままやられるわけがないと思っています。

再度不死身になった秤に対抗する手段はあるのでしょうか?

鹿紫雲一の400年前の過去

そんな中、鹿紫雲の回想が始まります。

400年前のことのようで、老人の姿の鹿紫雲は、数人の敵を倒していたようです。

そこに現れたのが羂索でした。額には縫い跡があり、この羂索も本来の姿ではないことがわかります。羂索は楽しめた?と聞くと鹿紫雲は全くだと言います。そして鹿紫雲は貴様と戦うんだったというと羂索は勘弁してよ今は得に戦闘向きじゃないと言います。

そこで羂索は、次に鹿紫雲に伊達藩にいる歴代一の呪力を大砲のように持つ存在を明かし、そいつが陸奥にいることを話します。鹿紫雲は陸奥は遠いと話します。おそらくこの陸奥の大砲とは、石流のことではないでしょうか?ちょんまげですね笑

そして鹿紫雲は羂索に貴様の知る最強の術師は誰かと聞きます。すると羂索は宿儺であり600年前ですまないがこれは譲れないと言います。

つまり現在から1000年前ということですね。

そして鹿紫雲は例の話を甘んじて受けようと言い、そうすれば宿儺と戦えるのだなと言います。これが術師の一部を呪物として未来の人物に取り込ませ転生させた羂索の話だったようですね。

鹿紫雲一VS宿儺があるか?

ここまでの回想があるからには、おそらく秤は負けてしまうんじゃないかと思っています。

鹿紫雲VS宿儺があって、鹿紫雲は宿儺に負けるというのが話の流れのような気がします。

鹿紫雲の領域展開がどこで見られるかがポイントではないでしょうか。もし秤が負けた場合死ぬので、ちょっとその展開はなしにしてほしいです。パンダが負けて秤も負けてってなったらキツイですよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次
閉じる