呪術廻戦186話ネタバレ考察|秤が領域連続展開で大当たり不死身状態!焼ききれた呪力回復にオート反転術式で強すぎる!

鹿紫雲一とパンダとの戦いで、パンダが頭だけの状態になり、兄と姉とも離れ離れになりましたが、まだ生きているようでした。

そんな中登場したのが秤金次でした。

呪術廻戦186話『東京第2結界⑤』では、なんと秤がシャルルとの戦いの領域展開『坐殺博徒』から、バフを得た結果なのか、なんと大当たり直後4分11秒は不死身状態になり、音楽が終わると呪力が漲って、さらに焼ききれた呪力も回復することで、大当たりを引き続ける限り何度でも領域展開ができるといったとんでもない戦いを見せました。

そこで今回は秤の領域連続展開や大当たりのバフ効果と鹿紫雲一との戦いについてなど解説考察していきます。

目次

領域展開『坐殺博賭』の効果が不死身と呪力の供給回復

登場した秤は早速、鹿紫雲一に攻撃をしはじめますが、拳で圧倒します。

それは、『大当たり直後4分11秒間不死身となる』といったもの、さらに『音楽が終了すると同時に呪力が凪ぎ始める』といったもののようでした。

その結果、鹿紫雲一を圧倒したようです。この結果を見る限り、シャルル戦から始まった領域展開での大当たりからのバフ効果が継続していると見ていいでしょう。

鹿紫雲一は秤に稲妻の攻撃をしていたようですが、秤を圧倒するまでではありませんでした。そして秤は一度左腕を破壊されますが、それを使えないはずの反転術式で回復し腕を生やすといったものをします。

呪力も回復、不死身状態というのは、あとは相手を倒せるほどの必殺技があれば言うことなしです。

不死身状態とはどんな状態なのか

では秤の不死身状態について考察していきます。

今回大当たり直後4分11秒間不死身状態ということでしたが、これは攻撃を受けてもノーダメージになるのか、致死性の攻撃を受けても死なないだけなのか。

ダメージ自体を受けてしまうかどうかというのは大事ですよね。

そこで本誌では、秤は反転術式は使えないが、無限に溢れる呪力で秤自信が壊れないように肉体が反射で反転術式を行うといったもののようです。つまりダメージは受けるが瞬時に自動的な反転術式によって回復してしまうという意味の不死身ということでした。

そして4分11秒不死身ということですが、この時間についてパチンコで調べてみると、単発の大当たりなら、3〜4分終了するということでした。今回の場合は『あちらをタてれば』という私鉄純愛列車の主題歌が流れている4分11秒間に無制限に呪力が溢れ続けるといったものでした。

しかし、確変の大当たりなら継続する為に連チャンで大当たりすればその時間も継続するということです。つまり2回連続で大当たりすれば10分近く不死身状態になれるということではないでしょうか。

領域連続展開

そしてなんと今回の話でさらにエグいのが、ラウンド中に領域展開で使い焼ききれた呪力が回復するので、大当たりを引き続ける限り、何度でも領域展開ができるといったもので、秤はさらに領域展開『坐殺博徒』を発動させます。

つまりシャルル戦から連続で領域展開をしたということです。横の担当の煽りからは『領域連続展開!!』と書かれていましたね。

いやマジでヤバい領域展開ですよね。

大当たりが引けるかどうかにもよるんですけど、シャルル戦では秤は自ら大当たりを引いたという感じだったので、今回もさらに連続で大当たりになる可能性があります。

ちなみにラウンドというのは、パチンコでアタッカーという場所が開いてから閉じるまでの間を意味する言葉であり、このアタッカーというのは、出玉を獲得する為に重要な役割をしており、ここに玉が入ることで、決まった出玉をもらうことができます。

なので、この出玉の数が、パチンコで換金する時にそのまま関わってくることになります。

秤の領域展開では、玉が入るとかの描写が特にされていないので、ともかく『ラウンド』という大当たり中に開く玉が入る場所の時間とだけ覚えておけばいいでしょう。

やはり乙骨の『ノッてる時は僕より強い』は真実か

皆さん何度もこのシーンを見たかと思いますが、秤に対しての乙骨の評価です。

『ムラっ気があるけど ノッてる時は僕より強いよ』

という発言です。

正直シャルル戦までの秤を見ていたらそれはないなと思ってたんですが、マジでありえてくると思います。

・大当たり直後の4分11秒間は不死身
・大当たりの音楽終了で呪力が漲る
・領域展開で焼ききれた呪力も回復
・大当たりし続けてば連続して領域展開が可能


不死身と大当たりでの呪力回復コンボがエグいですよね。

まぁ直接乙骨と戦えば乙骨が勝つんでしょうけどね。

鹿紫雲一は、恐らく宿儺を追いかけていたほどなので、特級術師レベルなのは確実ではないでしょうか?もしこのまま秤が勝利するような事があれば、マジで秤が大当たりを連続で引き当てた場合、特級術師レベルの強さになってもおかしくないということになります。

ハンターハンターぽい絵柄

前々からハンターハンターのような絵柄をしていた呪術廻戦ですが、今回の秤の絵でも似たようなものがありました。

それが『漲る呪力でトぶぜ…!!』でした笑

ヒソカぽいという感じですよね笑

ちなみに『あちらをタてれば』という先程も曲名ですが、こちらはヒソカのセリフでもあったもののようです笑

ハンターハンターも連載再開されるといった感じなので、ハンターハンターと呪術廻戦が同時に連載されるのは2018年以来ですが、もしそうなれば、似た絵柄が2つあるといった感じになるでしょうね笑

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次
閉じる