呪術廻戦182話ネタバレ考察|秤金次の領域展開『坐殺賭徒』にシャルルの術式呪具はG戦杖で1秒先の未来が視える!

呪術廻戦181話では、乙骨の戦いが終わり、不穏な闇落ちしたかに見えた三輪が登場し、秤金次とシャルル・ベルナールが戦う直前といった内容になっていました。

呪術廻戦182話『東京第2結界(コロニー)②』でシャルルの1秒先を見通せるインクペンの形をした杖と秤金次の領域展開『坐殺賭徒』が発動します。

ということで今回は呪術廻戦182話『東京第2結界(コロニー)②』のシャルルの術式呪具のG戦杖と秤金次の領域展開『坐殺賭徒』について考察していきます。

目次

シャルルの術式or呪具はG戦杖で1秒先の未来が視える

シャルル・ベルナールが出した呪具と思われるのがG戦杖(ジーせんじょう)と言われるもの。インクペンが巨大化したような杖でした。

インクという名の条件が満たされたということで秤に対してG戦杖を突きつけ槍のように使います。すると秤の胸にはページのようなものが浮かび上がります。

シャルルの説明によれば、ページの左端を目で捉えるように今少し先の未来が視えるとのことで、約1秒先の未来が視えると言います。

そして戦いが続いてG戦杖にインクが溜まった時、より先の未来まで視えるようになるとのことでした。

というかこれはシャルルの術式なのか、呪具の能力なのかちょっとわかりません。インクが溜まればというのがあると呪具の力かなとも思ってしまいます。

秤金次がシャルルのG戦杖の弱点を看破

秤はシャルルに攻撃するもシャルルに未来を視られているので、攻撃を躱されます。

しかし次の瞬間『視て確認しなきゃ未来は視えない』ということがG戦杖の弱点のようで、秤が高速で動いたことで、シャルルの後ろに回り込み攻撃を加えます。

に死角から攻撃して、詰めればいいだけだと判断します。

さすがの秤ですね。確か乙骨が「ノッてる時の秤は僕より強い」と秤の事を言っていたはずです。

この「ノッてる時」というのが何かわかりませんが、秤の名前が術式に関わると芥見先生も言っていたはずなので、ギャンブル要素のあるものなのでしょう。

秤金次の領域展開『坐殺賭徒』の能力と意味

そうして秤はシャルルに対して領域展開『坐殺賭徒』(ざさつばくと)を発動します。ただ182話ではその内容がまだ開示されず、終わりました。

名前からして後半は完全に賭博の逆の言葉なのでギャンブル性のある言葉ですよね。

そして坐殺という言葉を調べるとこんなことわざがあるようです。

それが田夫は坐殺すべし』。

これは、農民は常日頃、労働をして粗末な衣服と粗末な食事をしているので、急に贅沢にさせれば病気になり殺すようなものだという意味です。

このことわざから考えると、相手には急に贅沢をさせるような意味があり、呪力を急に与えるとか、相手にとって良いものをいきなり与えるといったものでしょうか?そしてその+パワーを受け過ぎれば自分の容量を超えてしまい、自滅するといったものかもしれません。

また、賭博要素のあるものならば、相手にその贅沢をさせる量を選ばせ、その量を自身に加算させるといった要素もあるかもしれません。

秤金次の領域展開の手印

そして今回の秤金次の領域展開の手印ですけど、上記画像であれば、ぴったり38番のものでしょう。

調べてもなんという型の手印なのか不明でしたけど、右手の親指と人差し指で丸を作り、左手と平行にし、左手はまっすぐ伸ばすだけという形でした。

どこかでよく見たような形ですよね。

仏像だとか何かの神様の手印のような感じに有名な形だと思いました。

もう少し調べてみると仏教でヴィタルカ(尋)と呼ばれる言葉で、その仏像がそんな手印をしているとか。ちなみに「論理」「思慮」という意味を持つそうです。

まとめ・次回

次回は秤の領域展開が明かされる回となりそうです。

この感じだと普通に領域展開は必中ですからシャルルは負けると思われますね。今回の領域展開は、名前から結構予想しやすそうなもののように感じますが、全然違うかもしれませんね。

183話の秤の領域展開がどんな感じになるのか楽しみです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる