ワンピース1047話ネタバレ考察|ゴムゴムの雷にゴールドロジャーは非能力者で悪魔の実食べてないと確定!

1046話で最後ルフィが見せたのは、雷を掴むという行為でした。あの続きがどうなるのか気になりましたよね。

そこで1047話で見せたのは『ゴムゴムの雷』という技、そしてカイドウの話からゴールド・ロジャーが悪魔の実の能力者ではなかったことが判明します。

今回はワンピース1047話『都の空』にてルフィゴムゴムの雷を使ったことやゴールドロジャーが悪魔の実の能力者ではなかったこと、モモの助がおでんの城から未来へ飛ばされる描写、オロチが生き延びていること、最後ルフィの鬼ヶ島の大きさほど巨大な拳についてなどご紹介します。

目次

ゴムゴムの雷でカイドウに投げつける

前回雷を掴んでいたルフィですが、それはマジだったようです。背景の描写的にはルフィの後ろに雷があるだけというものありましたが、ちゃんと掴んでいたようですね。

そして『ゴムゴムの雷ィ!(かみなり)』という名前で攻撃をします。雷をそのままカイドウに投げつけますが、躱されます。

名前がそのまんまやん!という感じですけど、巨人化した時も『ゴムゴムの巨人(ギガント)』だったので、ある意味筋が通った名付けです。

恐らく雷自体をゴム化させて掴んだと思われますけど、ルフィの覚醒能力はヤバすぎますね。ただ、この技ではカイドウは沈むことはなく、ゴールド・ロジャーの話をします。

ゴールド・ロジャーは悪魔の実を食べておらず非能力者と判明

そこでカイドウが話したのが、ゴールド・ロジャーの話です。

カイドウは能力が世界を制することはない、ロジャーが能力者じゃなかったように覇気だけが全てを凌駕すると言います。

これまでロジャーが悪魔の実の能力者かどうかなど議論されてきたと思いますが、能力者ではなかったことが判明しました。それでワンピースまで辿り着いたというのですから、ロジャーは本当に凄いですよね。

ルフィはロジャーと同じ道を通ると思っていたのですが、ルフィが悪魔の実の能力者であったことから、ロジャーとは違った道を進むということになるかと思います。

ロジャーはどうやってラフテルまで辿り着いて、仲間も生き残って帰れたのか、悪魔の実の能力者ではなくとも、まだ隠された別の強さがあるのかしれません。覇気だけならルフィ達も使えますしね。

その後カイドウが斬撃に弱いのはそのままだよなと言って、ルフィを空にと場して斬撃を浴びせます。しかしルフィはカイドウを掴んで離しませんでした。

モモの助たちがおでんの城から未来へ飛ばされる描写

冒頭はモモの助の回想からでした。

モモの助は燃え盛るおでんの城からトキトキの実の能力で未来へ飛ばされる様子が描写されます。

しかしモモの助はトキとひよりも一緒に未来へ行こうと言います。しかし錦えもんがモモの助に女が覚悟を口にしたのに男が口答えするなど赤っ恥だと言います。拙者達にもう一度戦う機会をくれと言うとモモの助はトキにゆきますると言います。

その回想を経てモモの助は母上に合わせる顔がないと言います。

前回モモの助は、鬼ヶ島が落ちるのを避ける為にヤマトから君が焔雲を作るんだと言われていました。ですので焔雲を作る為に、過去を思い出していたのかもしれません。燃えるおでんの城と同じようなことにはさせないとモモの助が意気込んで力を発揮してほしいです。

オロチがまだ生き延びる

https://twitter.com/m5WWkEHGW0qpWia/status/1246734499301359617

オロチは海楼石の釘で動けなかったはずで、さらにカン十郎によって燃えていたと思います。

しかし今回、海楼石が外れてオロチは竜の姿になるようです。なのかの振動で外れたと言っていますが雷ぞうが放ったズニーシャの水浴びの水が流れたことにより、その振動で釘がとれたのではないでしょうか?

そこでオロチがせめて道連れにとひよりに迫ります。

マジでオロチどんだけ生き延びるんだって感じですよね。なども死にそうな感じだったのに、まだここでしぶとく生き残るなんて凄い強運ですよね。

オロチを恨む誰かに最後にはトドメを刺してほしいです。

ルフィの最後の攻撃か?鬼ヶ島の大きさを超える巨大拳

https://twitter.com/InfiresARMY__/status/1330260978823540739

そして最後のシーンでは、ルフィはなんと鬼ヶ島以上の大きさの拳を作りカイドウを殴る動作をして終わります。

鬼ヶ島以上の大きさというのはこれまでで最高の大きさですよね。

ここでルフィはおいモモ、全部終わらせるぞ鬼ヶ島が邪魔だと言います。それは鬼ヶ島を撃ち抜く勢いでした。ルフィはモモ信じてると言って巨大な拳でカイドウに殴りかかります。

ゴムゴムの巨人(ギガント)もできたくらいですから、その拳の大きさもできるのではないかと思うのですが、恐らくゴムゴムの巨人はもっと大きくできるのではないでしょうか?

拳の大きさは鬼ヶ島サイズですから、体も同じようにできそうです。

もしそうなれば、ありえないパワーになりそうです。さすがのカイドウもこれで沈むでしょう。

そしてこの技名はどうなるのでしょうか?巨人以上の拳ですから、『ゴムゴムのギガントピストル』や『ゴムゴムのエレファントガン』のような技名に収まらない気がします。それとも技名は言わないのかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる