呪術廻戦181話ネタバレ考察|宿儺の元の姿と三輪が不穏?シャルルベルナールと秤金次が激突で術式は漫画関係の能力?

乙骨が石氷や烏鷺との戦いを終えると、殺すことはせずポイント譲渡という形で戦いを終えました。

そこで次に登場したのが、漫画家志望であると思われる外国人のシャルル・ベルナールという人物です。

今回は呪術廻戦181話について、シャルル・ベルナールが何者なのか?秤金次と戦うのか?宿儺の真の姿と三輪の行動などについてなど紹介します。

目次

乙骨が勝利で石流と烏鷺からポイント譲渡

仙台コロニーでの戦闘が終わった乙骨。烏鷺や石流が全員死んだかと思いきや、まだ生きていたようです。

石流のリーゼントは崩れて髪が降ろした状態になっており、めちゃめちゃイケメンになっていました。

ルールでポイント譲渡が可能になっていたので、乙骨は殺していなかったようですが、石流はそのルールがなければ殺してただろ?と聞くとどーですかねと言い、僕の仲間に感謝してくださいと言います。

ただ、その場面でなぜか三輪が登場し、目が映らない状態で何か暗いイメージの絵が差し込まれていました。この三輪が何を意味しているのか?

そして乙骨ですが、石流と烏鷺からのポイント譲渡、ドルゥブと黒沐死の撃破によって、所持ポイントが合計200ポイントになっていました。ただ、このポイントの計算がどういう風になってるのかがよくわかりません。


と思ったら芥見先生が勝手にルールを改変してしまったとのことでしたw正しくは190点のようですね。

あとは烏鷺があの感じで死んでないのが凄いですねw

シャルル・ベルナール登場!ジャンプに漫画を持ち込み?

そして今回登場した新キャラがシャルル・ベルナールというキャラです。青髪の青年で日本育ちの両親がフランス人。週刊少年ジャンプなのかに、来客として池沢という編集に漫画を持ち込みし、見てもらうことをしようとしていました。

編集に漫画を見せるとなぜか机の上に座り態度が悪い感じで日本人の編集なのに日本語がうまいですねなどと言います。

すると編集から漫画について指摘されます。人物の指がこんな風に曲がらないと言います。編集が指を出してほらよく見てと言うとその瞬間にシャルルが編集の指を折ります。

まじでやばいやつです。その後編集部から出ていきます。

シャルルの術式は漫画に関係した能力なのかどうか。指をいきなり折るとか理不尽ですよね。漫画を持ち込んで採用してもらいたいと思っていないというか、もう自分勝手なやばいやつです。

漫画関係の能力と言えばジョジョなら岸辺露伴的なものとか、ワンピースならカン十郎とか描いた絵を具現化できますよね。

そしてシャルルベルナールを検索してみると、スパークリングワインである『シャルル・ベルナール ブリュット』がヒットしました。全く同じですね。お酒と何か関係しているんでしょうか?

シャルルと秤金次が激突か?

そしてシャルルと秤が相まみえる機会があります。

秤はシャルルの態度に対して攻撃的な口調をしています。元々敵っぽい相手にはそういう態度をとる人物だとは思いますが、この2人は戦うことになりそうです。

秤はお前の漫画なんざ頼まれたって読まねえよとか根暗が感染るとかゴタゴタぬかしてねえでかかってこいキモオタと、凄い言いようです笑

ただこれは、シャルルが戦いに参加する理由がないので、秤に君を殺したいと思わせてくれと言ったことで秤が非道いことを言います。するとシャルルがなんでそんな非道いことを言うんだと涙を流します。

シャルルの術式がどのようなものかわからないので、なんとも言えませんが、ここで秤が負ける展開になるとはあまり思えませんね。

ちなみに秤とシャルルがいる観覧車の場所は葛西臨海公園のこの絵と近い感じがするので、葛西臨海公園にいるかもしれません。

三輪霞が闇落ち?不穏?

ちょっとよくわからないシーンがありました。それは乙骨が石流たちからポイント譲渡された後に三輪のカットが入ります。

ザッザッと破壊された道を歩いており、さらに三輪は目が描かれていなく、不穏に見えます。

まさか、この後乙骨が見逃した石流を殺すとかあるんでしょうか?まさか三輪に限ってそんなことはないと思いますけど、その場にもし三輪がいたなら乙骨は気づくはずですし。

別の関係ないカットなのかもしれませんね。

宿儺登場!この姿は元々の姿?

そして最初に宿儺のカットも入るのですが、これまでの宿儺の姿とちょっと違いますよね?

特に虎杖によって受肉された宿儺とは全然違います。

恐らくですが、これは宿儺の元の姿というか真の姿でしょう!凄いかっこいいですよね!

ただ、虎杖の顔の宿儺も結構カッコいいと思っています。こっちの宿儺の方が凄い修羅場を潜ってきた感があるというか、凄いオーラを感じます。あと真の姿の宿儺の顔なんかおかしいですよね。右半分が縦に目が2つあって左側の皮膚とはまた違った感じです。

あとヒソカっぽい感じもしますね!・・・ハンターハンター好きの芥見先生ですから、そういうイメージもあるかもしれません。

そして宿儺がなぜかこのカットに入ったのかですが、これは恐らく石流が400年前の人間で、宿儺と会った時のことを話したのでしょう。

限界がくるのはオマエのほうだ、私は見た。術師や呪霊、強者としての地平すら超越するのは、圧倒的な自己、他を顧みない災い、甘すぎだ乙骨と言っています。今後宿儺と乙骨が戦う場面が来るのかも知れません。

ただ口調的に私って石流が言いますかね?この部分は宿儺の言葉でしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる