境界戦機アニメがコードギアスに似てる?何話何クール放送で原作漫画小説も

今回は2021年10月から放送されている『境界戦機』のコードギアスに似ている説についてを解説していきたいと思います!  

また、あらすじや原作ついても書いていきたいと思います! 

目次

『境界戦機』が2021年10月から放送中

この作品は西暦2061年の日本とはいえ少子高齢化などにより経済が破綻し「北米同盟」「大ユーラシア連邦」「アジア自由貿易協商」「オセアニア連合」の4国によって発生した「境界戦」によって分割された日本が舞台となります。

そんな中、戦闘で破損した「AMAIM」を探し部品回収をしていた主人公、椎葉アモウ。ある日森の中でAIユニットガイと出会い、日本解放のために戦うという物語です。

『境界戦機』は2021年10月5日より毎週火曜日にテレビ東京、水曜日にYouTubeなどで放送中です。

『境界戦機』のシナリオがコードギアスに似てると話題?

Twitterなどを見ていると、「コードギアスに似ている!」「コードギアスとガンダムを足して子供向けにした感じ」など、やはり似ているという声は多いようです。

『境界戦機』の世界線と『コードギアス』の世界線はどちらも日本が占領されているという点から似ていると言われているようです。

日本が占領されるロボットアニメと言われたらどちらも思いつくので納得ですね。

自分は見ていて、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に雰囲気が似ているなぁと思いました。

陸上戦が多いようですので、これにガンダムのモビルワーカーのような誰でも乗れる戦争兵器が増えると酷似してしまう気がします。

これからさらに近づいて行くのか、全く違うストーリーになるのか、期待が高まりますね。

『境界戦機』は何話何クール放送?

現在、『境界戦機』はクール数が判明していません。しかし、プラモデルでの販売は3月ほどまで決まっているため、2クールの可能性もありそうですね。

ロボット系の作品は2クール以上続いているものが多いので期待してもいいかもしれません。

『境界戦機』の原作漫画や小説はある?

『境界戦機」には原作はなく、アニメオリジナルとなります。しかし、外伝として小説はあるようです

一作目は北海道での物語ということなので、まだまだこれから色々な地域での外伝が展開されるのかもしれません。

「北米同盟」「大ユーラシア連邦」「アジア自由貿易協商」「オセアニア連合」の4カ国によるそれぞれのストーリー、もしくは「境界戦」中の物語がより細かく作られるのかな、と思います。

まとめ

今回の『境界戦機』は監督に『蒼穹のファフナー』や構成・脚本に『ガンダムビルドダイバーズ』、キャラデザインに『東京リベンジャーズ』と豪華なメンバーでの作品のため、人気になるのもわかる気がします。

10月からプラモデルも展開しており、3月まで販売が決定している以上何かしらの形で継続するのでは?と思います。

1クールで終わってしまった場合でも、外伝作品が多く作られそうですね。アニメオリジナルの作品はその後の展開も大きくなるので今後に期待することが多そうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる