白い砂のアクアトープ2クール目のネタバレ最終回結末内容!ティンガーラ水族館のモデル聖地は?

今回は2021年10月から放送されている『白い砂のアクアトープ』最終回の結末の考察をしていきたいと思います!  

また、あらすじについても書いていきたいと思います! 

目次

『白い砂のアクアトープ2クール目』が2021年10月から放送中

https://twitter.com/aquatope_anime/status/1443455572418965511?s=20

アニメ、『白い砂のアクアトープ』は沖縄県南城市の小さな水族館、がまがま水族館の館長代理の高校生海咲野くくると、東京から芸能界を引退しがまがま水族館にやって来た宮沢風花の二人の物語となります。 

1クール目ではがまがま水族館でのストーリーが主でしたが12話にて閉館してしまったがまがま水族館、そしてティンガーラ水族館への就職が決まったがまがま水族館の3人、そして映画出演の仕事を断り実家へと帰省した風花・・・ 

では2クール目ではどうなったのでしょう? 

高校を卒業したくくると櫂はティンガーラ水族館に就職、他2人と久高夏凛もティンガーラ水族館へ。 そんなくくるは営業部に配属され・・・ 
 
そんなアニメ『白い砂のアクアトープ』は2021年10月1日より第2クールが毎週木曜日にTOKYOMXやAbemaTVにて放送されています。 
 
また、dアニメストアやアマゾンプライムで順次配信されています。 

 

『白い砂のアクアトープ2クール目』のあらすじと見どころ

 
https://twitter.com/aquatope_anime/status/1442413710690062337?s=20
 
あらすじ 

「がまがま水族館」の閉館から月日は流れ、翌年の春。高校を卒業したくくるは「アクアリウム・ティンガーラ」に就職する。新たな職場でも飼育員を希望するくくるだったが、なぜか営業部に配属されてしまう。気持ちの整理ができないまま、配属先に向かったくくるを待っていたのは、副館長・諏訪哲司だった。さらにかつて「がまがま水族館」に研修で来ていた知夢と再会して……。
 
引用:白い砂のアクアトープ公式サイト

 
 
 
『白い砂のアクアトープ』の見どころは、がまがま水族館がなくなってしまい、風花も離れていってしまった『くくるの心情』だと思います。多くの仕事系の作品は努力が報われるものが多いと思います。 
 
しかしこの作品では12話での努力は報われず、閉館してしまいます。その上唯一の心の拠り所であった風花もいなくなってしまいます。そんな12話を迎えた作品です。 
 
このことから先の読めない展開と、視聴者への衝撃が多い作品だと思います。 
 
さらにもう1つ、『命の重み』です。水族館の話のため当たり前?と思いますが、1クール目とは違う、仕事として命を預かるということは、我々の心に強く訴えてくると思います。
 
 

『ティンガーラ水族館』のモデルや聖地の場所は?

 


 
ティンガーラ水族館のモデルは確認されていません。 

調べてみましたが、それらしきものは見つかりませんでした。
 
聖地は
・渡具地ビーチ 第13話終盤、第14話冒頭 風花とくくるが再会した浜辺
〒904-0315 沖縄県中頭郡読谷村渡具知

 

『白い砂のアクアトープ2クール目』のネタバレ最終回結末予想

 


 
『白い砂のアクアトープ』には原作が無いので、誰も先がわからない状態です。

しかし自分が予想するには 

くくると櫂の恋愛エンド
  
がまがま水族館再始動エンド
  
さらに続編がある
があるのかと考えています。 
 
くくると櫂の恋愛エンドは、櫂がくくるを助けたい。というある意味の恋愛感情を抱いているという描写もあるので、可能性はあるかと思われます。 
 
がまがま水族館再始動エンドは、くくるがティンガーラ水族館を辞め、もう一度みんなでがまがま水族館を開館する。という終わり方もありだと思います。 
 
さらに続編がある。は、2期があるのかも、という期待です。 
 

まとめ

今回は『白い砂のアクアトープ』のあらすじや見どころ、最終回予想をしました。 
 
異世界ファンタジー系と違い、死ねば生き返れない命は多くの苦労で誕生するというストーリーの重さ、響き方が他の作品とは違うと感じました。 
 
残りの話も生き物達が出てくる作品として心に響く、泣ける作品だと思います。 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる