ダイの大冒険(アニメ新作2020)のプロデューサーやスタッフは?どこまでで原作何クール?

2020年秋にあの壮大な冒険アニメ「ダイの大冒険」完全新作でスタートします!

今回の記事では「ダイの大冒険」のプロデューサー、スタッフや制作会社、原作をどこまで何クールやるのかなどまとめてみましたのでご紹介します!

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/2981
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/2618

目次

「ダイの大冒険(新作アニメ)」が2020年秋に新作アニメとして放送

原作
三条陸さん(原作)と稲田浩司(作画)の2人による全37巻(完結)の漫画「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」です。1989年から週刊少年ジャンプで連載されておりました。1991年にもアニメ化された名作です。
あらすじ
魔王と勇者たちの戦いから十数年後、モンスターが平和に暮らす島で唯一の人間である少年ダイは、モンスターたちと平和に暮らしながら勇者になることを夢見ています。

ある日、島のモンスターたちが凶暴化します。それは魔王が復活した事を表していました。そこに勇者の家庭教師を名乗るアバンとその弟子の魔法使いポップが現れ、モンスターたちを魔王の支配から救います。

魔王を倒して平和を取り戻すため、ダイは冒険の旅に出かけます。

2019年秋に完全新作アニメ化が決定と告知され、公式サイトもありますがまだ多くの情報は未開封のようです。当時はセル画だったのが現代のCGとアニメ作画のハイブリッドで蘇る新しいダイの大冒険をを見られる事が大きく期待されます。

「ダイの大冒険(新作アニメ)」のプロデューサーは誰?

市村龍太郎さんが携わった作品

ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち:アシスタントプロデューサー
ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち:プロデューサー
剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣:プロデューサー
ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君:プロデューサー
ドラゴンクエスト モンスターバトルロード:プロデューサー
ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔:プロデューサー
ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人:プロデューサー
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城:チーフプロデューサー
星のドラゴンクエスト:プロデューサー
ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー:プロデューサー
ドラゴンクエスト ユア・ストーリー:プロデューサー

今回の2020年秋版「ダイの大冒険」のプロデューサーを務めるのは市村龍太郎さんです。数々のドラゴンクエストのゲーム、映画等に携わって来た凄腕の方です。

「ドラゴンクエストⅨ」では初のマルチプレイ要素を取り入れ、ギネスブックにも登録されています。その後社会現象を起こす程になりました。そう言った数々の名作を世に出してきたスクウェア・エニックスのドラクエ課敏腕プロデューサーであれば期待は高まります。

「ダイの大冒険(新作アニメ)」のスタッフ監督と制作会社は?

制作スタッフ・制作会社
原作:三条陸
原作作画:稲田浩司
制作会社:東映アニメーション
プロデューサー:市村龍太郎

現状判明している制作スタッフ陣と制作会社になります。東映アニメーションはかつて1991版「ダイの大冒険」を制作した東映動画株式会社とは動じ会社です。1991年版のスタッフが参加するとしたらかなり年数が経っているのでどこまでの人たちが関わるのか、新しい気鋭のスタッフを取り入れるのか注目するべきところです。

「ダイの大冒険(新作アニメ)」原作どこまでで何クールやる?1作目と比較

1991年放送まとめ
1991年10月17日~1992年9月24日まで木曜日19:00~19:30にTBS系列で放映しました。本当は数クールの延長が計画されていましたが、1年間で終了することになります。延長を前提にシリーズ構成されていたため、中途半端に終わってしまうことが分かります。スタッフは原作者と相談して一部分変更を重ねて終了しました。
1991年版スタッフ
プロデューサー:高見義雄、木戸睦、井上博
原作:三条陸、稲田浩司(週刊少年ジャンプ)
音楽:すぎやまこういち
編曲:松尾早人、武内基朗
音楽制作:スギヤマ工房
キャラクターデザイン:長岡康史
美術デザイン:坂本信人
音響効果:今野康之
選曲:オーディオ・タナカ
チーフディレクター:西沢信孝
製作:東映、TBS

原作をどこまでアニメ化するのかは判明しておりませんが、現状のアニメ業界のと春夏秋冬毎シーズン約40作品が回っている事からかつての4クール連続は厳しいかと推測出来ます。しかし今では膨大なストーリーがある作品でも2クールずつシーズン分けして制作して行く姿勢を取っている会社もあるし東映アニメーションには4クール分のアニメを制作する力はプリキュア等未だ続くシリーズを持っているのでうまく行けばラストまでいけるかもしれませんね。

公式サイトでは特別映像が解禁されております。ダイが剣を持つシーンなどがありますが、とても綺麗な作画です。これを見る限りかなりの力作ではないかと伺えます。音楽も壮大感があり王道のファンタジー作品が始まるのはこれまでのアニメ放送シーズンを振り返るとかなり久しいのではないでしょうか。

まとめ

過去の1991年版を見た方からしたらかなり新しく目に留まるのではないでしょうか。未開封の情報が多くだからこそ楽しみが倍増される今作ですが原作全話を復刻配信しているのでまずは原作を読んで物語を把握しつつ新しい情報を追いかけて見てはいかがでしょうか!

以上2020年秋版「ダイの大冒険」の情報です。

1991年版はテレビや劇場作品はあるもののそれらはDVD&Blu-ray化はされてはいないのですがアニメ版視聴はU-NEXT2020年1月6日に配信するので是非ご覧になられてはいかがでしょうか!

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/2981
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/2618

  • URLをコピーしました!
目次