呪術廻戦151話ネタバレ考察感想|禪院直哉の術式は直毘人と同じ投射呪法!真希が1/24の動きを見破る

今回は呪術廻戦151話「葦を啣むー肆ー」についてネタバレ考察していきます。

ついに直哉と相対した真希は、どう戦うのか?そして直哉の術式は投射呪法ということがわかったので、どう真希が見破るのか?解説していきます。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/17621
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/30197

目次

呪術廻戦151話ネタバレ振り返り

・直哉は先手必勝で真希に攻撃すると受け止め、数字を数えた
・直哉に腕を掴まれると動画の一コマのようにされ、腹に蹴りを食らう
・直哉は甚爾君は五条以外誰にも理解されず、アッチ側に立つのはオマエやないと言いながら真希を吹っ飛ばす
・真希が顔面に攻撃を食らい初めてふらつく
・投射呪法は過度に物理法則や軌道を無視した動きはつくれず速度も上限がある
・逆に絶えず術式を重ねれば重ねるほど出せる速度は上がっていく
・直哉は走り出すと真希は不知火型と言って両手を開いて迎え撃つ
・直哉が真希の腕を掻い潜り左腕に触れる
・投射呪法発動中の掌に触れたものも1/24で動きをつくらねばならず、失敗すれば1秒フリーズする
・トップスピードを維持し続ける直哉の顔面に真希の拳が飛んでいく
・「直毘人(ジジイ)もオマエも早いだけじゃねぇ違和感があった」「1秒に24回動きを刻んでた」「この体になってようやく見えたよ」
・直哉が「この偽物」と言いそうになった時、真希が再度殴り「悪い もう一回言ってくれ」と言う

投射呪法とは

投射呪法については、ちゃんと理解しないと意味不明だと思います。

まず、直哉の父の直毘人も『投射呪法』の使い手です。

自らの視界を画角として1秒間を24分割し、予め作った動きをトレースする術です。自分もそうですが、触れた相手も術式の対象で、1/24秒で動きを作らねばならないので、失敗すれば板状のようなものに閉じ込められ1秒フリーズします。

自分が使えば高速移動が可能ですが、種を知らない相手からすると時間が1秒飛んだように感じるものです。

術式自体に攻撃能力があるかどうかは不明ですが、恐らくなさそうです。なので、攻撃は術者本人の力量に依存しているものと思われます。

投射呪法のリスク

リスクとしては先程言った、失敗すれば自分がフリーズしてしまいますが、それ以外にもあります。

物理法則や軌道を無視した動きを作ればフリーズ、作った動きは途中では修正できないということです。

どうやって動きを決めているかといえば、自分の頭の中のイメージだと思われます。その24回分の動きをイメージするというのはなかなかしんどそうな術式ですけどね。

真希が投射呪法を打ち破れた理由

今回数字を数えていたことにより、真希は投射呪法の種がわかりました。

それはこの肉体になってその1秒間24回の動きが全て見えたというとんでもない動体視力のせいでしょう。

そして真希が直哉に触れられたのにも関わらずフリーズしなかったことからも、真希も1秒間に24回の動きをトレースできたということでしょう。

それはとんでもないことだと思います。1秒の中の高速移動を見破れるなんて、真希の肉体が為せる技です。種がわかっても他の人ではなかなか見破れないと思います。

呪術廻戦151話感想

真希が直哉を瞬殺すると思いましたが、直哉は結構善戦したような感じがします。ただ、真希が連戦の戦いの疲れもあったので、万全ならもっと瞬殺していたと思いますが。

これを見ると真希は直毘人も倒せるレベルということだと思います。もう余裕で当主になれる強さですね。

前回の話では、次号の初回のページで真希が家を破壊し、回游に参加するようなことが書かれてあったので、このまま真希は回游に向かうのだと思います。

その前に虎杖たちと再度合流してからになるかもしれませんね。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/17621
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/30197

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる