人神ヒトガミ(無職転生)の正体ネタバレと最後は?使徒や目的と封印やオルステッド・ロキシーとの関係も

無職転生で突如夢の中に出てくる存在通称ヒトガミ。

今回はヒトガミの正体や最後をネタバレし、その使徒や目的、オルステッドやロキシーとの関係についてもまとめてみました。

最終回までのネタバレを含むので予めご注意ください。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/33977
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/33858
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/33836
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/21121
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/27475

目次

ヒトガミとは?

まず、無職転生において、最初にヒトガミが登場するのは、ルーデウスとエリスがフィットア領転移事件に巻き込まれた時にルーデウスの夢の中に出てきます。

そこでルーデウスは怪しい奴だと思いつつも、助言を受けることによって、未来が良い方向へと切り開かれます。

見た目は人のような姿をしていますが、ルーデウスから見るとモザイクがかかっており、はっきりとどんな姿なのかはわかっていません。

それからも度々ルーデウスを助言によって助けていくことになりますが、ヒトガミはそれだけでは終わりませんでした。

ちなみにヒトガミとは本当の名前ではないようで人神(ジンシン)とも言われていますが、かつてオルステッドが名付けたヒトガミを名乗っています。

ヒトガミの正体

一気に話が飛びますが、ルーデウスは将来でシルフィとロキシーとエリスの3人と結婚し子供も産むことになります。

そして、まだエリスとは結婚しておらず、シルフィとロキシーが結婚し、ロキシーが妊娠している時に大きなターニングポイントが発生します。

それは、夢に出てきたヒトガミがルーデウスが家族と暮らしている地下に行けと助言します。理由は言いません。

そしてその通りにルーデウスは行こうとしますが、その扉の前にいたのが未来から来たという老ルーデウスでした。

その老ルーデウスによると、ヒトガミの言う通りに地下へ行き、扉を開けるとそこから魔石病のウイルスを持ったネズミが飛び出し、それが食べ物に感染し、それをつまみ付いしたロキシーが魔石病にかかり、最終的には死ぬという未来を経験したと言います。

さらに、他の家族や仲間もルーデウスがロキシーを助けようとする行動に連なり、離れたり死んだりする最悪な未来となったことを聞かされます。

つまりヒトガミは良いように助言しておいて、自分の目的の為にロキシーを殺そうとしたのでした。

ヒトガミの目的とロキシー

では、なぜロキシーを殺そうとしたかと言えば、将来的にルーデウスとロキシーの間に生まれる子供であるララが、ヒトガミにとって相当な邪魔な人物になるからということでした。

ヒトガミは自分の未来を見ることができる能力を持っており、さらに3人まで使徒という形で選んで夢の中に出てくることができるようでした。

そして先程のネズミの件から、老ルーデウスの助言を信じ、ルーデウスは魔術を使いネズミを駆除することに成功します。すると次の夢に出てきたヒトガミが、あともう少しだったのにと言いルーデウスを怒ります。

これまでルーデウスに助言をしていたのは、全て自分が生き残る為にそう誘導していただけであり、自分を信じ込ませる為にしていただけでした。最初は信じさせて、後で絶望に落とすという最悪の性格の人物だったんです。

ヒトガミと龍神オルステッド


そしてここで関わってくるのが、龍神オルステッドです。

未来において、ヒトガミは龍神オルステッドに殺されるということで、ルーデウスの家族を殺す行動をするということを言い、人質にとることでルーデウスは龍神オルステッドと戦うことを強いられます。

龍神オルステッドは世界での最強ランキングである七代列強の第2位であり、成長してきたルーデウスでも勝てる相手ではありませんでした。

その後、ルーデウスは龍神オルステッドと戦いますが、善戦はしたものの、負けてしまいます。しかし龍神オルステッドはルーデウスを口説いて、部下になりヒトガミを殺す行動をこれからすることを条件にルーデウスの家族を守るということを提示します。

ルーデウスはそれによって、龍神オルステッドの部下となり、原作では、オルステッド・コーポレーションと勝手に名付け、社長と部下のようにルーデウスは働くようになります。

龍神オルステッドがヒトガミを殺したい理由

https://twitter.com/taka_mybad/status/1120479895128297473

では、なぜ龍神オルステッドがヒトガミを恨んでいるのかについてです。

まず龍神オルステッドは初代龍神の息子であり、転生法を使って遠い未来であるルーデウス達のいる時代の200年間を何度もループしている存在でした。そしてヒトガミが初代龍神を殺した仇でした。

そしてこの世界は六面世界といい、元々はサイコロのようにそれぞれに世界が存在しており、人の世界、魔の世界、龍の世界、獣の世界、海の世界、天の世界などという世界が存在していました。

しかしヒトガミは人の世界以外の世界の神やその伴侶などを殺害し、互いに争わせました。その結果人の世界だけが残ることとなりました。そしてヒトガミが夢の世界に出てくる場所ですが、そこは無の世界と言われ、サイコロの面の中心で全ての世界の裏で中心の場所でした。

これを聞いてわかる通り、龍神オルステッドだけでなく、他の滅ぼされた神たちも普通ならヒトガミを恨んでもいいくらいですよね。

ヒトガミの使徒

そしてヒトガミは龍神オルステッドと組んだルーデウスを殺す為に、他の誰かの夢に出てきて、ルーデウスを殺すように誘導していきます。

誰がどんな人物かは少し省きますが、これまでヒトガミの使徒となった人物たちです。

ルーク・ノトス・グレイラット(アリエル王女の護衛)
・レイダ・リィア(水神)
・バーディガーディ(闘神・不死魔王)
・ダリウス・シルバ・ガニウス(アスラ王国上級大臣)
・レオナルド・キングドラゴン(王竜王国第32代国王)
・ギース・ヌーカディア(黒狼の牙の元メンバー)
・冥王ビタ(粘族の王)

ヒトガミの最後

龍神オルステッドによれば、ルーデウスが生きていた時代より先の時代で龍神オルステッドとヒトガミが戦うことになります。

そこにはルーデウスの娘などもオルステッドと共に戦うようです。しかし最終的にどうなったのかは描かれていません。

ただ、ルーデウスの最後の戦いとなったビヘイリルでの戦いで勝ったあと、ルーデウスの夢に出てきたヒトガミが、憔悴しており、もうオルステッドに殺される未来が確定したくらいショックを受けていました。

なので、このルーデウスの最後の戦いが大きなターニングポイントとなったようです。

最終回では、寿命で幸せに死ぬルーデウスの夢の中にヒトガミが出てきて、ルーデウスはヒトガミに頑張れと言い、ヒトガミはまだ諦めず子孫達を殺すように試行錯誤していくようでしたが、ルーデウスはもう自分の人生は全うし、あとは子孫たちが勝手に頑張るから、ヒトガミが何をしようと恨まないような描写になっていました。

まとめ

色々端折っていますが、大まかにヒトガミについて説明しました。

原作を読み進めていてもルーデウスと同じくずっとヒトガミに騙されていました。

怪しいやつだとは思っていましたが、まさかロキシーを殺そうとしたり、ルーデウスの敵になるなんて思いもしませんでした。

無職転生は本当に面白くて好きな作品なので、アニメ化に当たってもっと有名になると嬉しいです。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/33977
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/33858
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/33836
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/21121
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/27475

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる