幼なじみが絶対に負けないラブコメ(アニメ)は何クール放送で何巻どこまで?原作漫画小説から調査!

アニメ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」は、2021年4月より放送が決定されている作品です

二丸修一により電撃文庫より原作小説が刊行されており、「復讐」と「負けヒロインが勝つ」というテーマで構成された異色のラブコメ作品です。

累計発行部数は50万部を突破している人気作品ですね。

今回は、アニメ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」が何クール放送で何巻どこまで放送されるのか?原作小説から予想して行きます。

目次

「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」が2021年4月から放送

https://twitter.com/osamake_project/status/1355120102962683905

主人公・丸末晴は、現役高校生作家でとんでもない美人の同級生・可知白草に初恋をすることになります

一方、末晴の幼馴染・志田黒羽もまた彼に想いを抱いていました。

このような歪な三角関係を軸として描かれる本作品…2021年4月からの放送がすでに決定しています。

ラノベ界隈では負けヒロインとして登場することが多い幼馴染ですが、そんな黒羽に焦点が当たる形で物語は進行することになります。

「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」は何クール放送?放送局や放送日も

https://twitter.com/Apw9uCxi0tfOgrc/status/1362014333442527235

では、アニメ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」は何クール放送となるのでしょうか?

本作品が何クール放送なのか?続編があるのか?については今のところ明らかにされていません。

ただ、「このライトノベルがすごい!2020」で各賞を受賞した旬の作品である一方で、原作小説はまだ既刊6巻を数えるのみとなっています。

原作小説のエピソードを考慮すると、まずは1クールでの放送となるのではないでしょうか

今後の原作の進み具合に伴い、アニメ2期制作の可能性も十分にあり得るでしょう。

「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」は原作小説何巻どこまで放送される?

では、アニメ本編では原作小説何巻どこまでのエピソードが描かれるのでしょうか?

先にも述べたように原作小説最新話は原作6巻となっています。

公式サイトでも紹介されているように、本編では黒羽・白草・さらには真理愛という三人のヒロインレースが繰り広げられることになります。三人のヒロインによる末晴争奪戦は、原作小説4巻で一つの区切りとなる展開を迎えます。

1クールアニメであると想定するのであれば、ちょうど原作小説4巻までがアニメエピソードとして描かれる可能性が高いでしょう。

「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」の見どころ

アニメ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」の見どころ…それは三者三様に描かれる三人の魅力的なヒロインたちでしょう。

幼馴染である黒羽をメインとして描かれる本作品ですが、白草や真理愛もまた末晴を引っ掻き回すヒロインとして大活躍をすることになります。

そして、末晴の初恋・そして失恋をキッカケとして始まった復讐劇…二転三転する結末はどのような形で決着することになるのでしょうか?…最後まで目を離せない展開は必見です。

まとめ

https://twitter.com/inori_sakuta/status/1361624326420668419

今回は、アニメ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」が何クール放送で何巻どこまで放送されるのか?原作小説から予想して行来ました。

ヒロインたちの姿・そして複雑な心理描写がどのように描かれるのでしょうか?

2021年4月からの放送に乞うご期待です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次