呪術廻戦138話考察|禪院直哉や甚壱と扇の術式や強さは?特別一級術師で禪院直毘人との関係も

漫画「呪術廻戦」138話では、これまで謎だった禪院家の一部の人間が登場しました!

今回は、138話で禪院家の当主となった禪院直哉(ぜんいんなおや)について強さや続柄を考察してみます。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/26388
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/17621
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/26972

目次

呪術廻戦138話の内容

禪院家の当主であった禪院直毘人(なおびと)が死亡し、遺言状によって次の当主が禪院直哉(ぜんいんなおや)となりました。

その遺言状を確認する場面では、禪院家の3名が揃うことが条件となっていました。

その3名が

禪院扇(ぜんいんおうぎ)
禪院甚壱(ぜんいんじんいち)
禪院直哉(ぜんいんなおや)

こちらの3名です。3名ともに特別一級術師とされています。

次の当主が発表される場で、必要とされる面子なので今の禪院家における中心人物だと思われます。

138話では、禪院直哉(ぜんいんなおや)が当主となったものの、五条悟の状況によっては伏黒恵を当主とするという条件も含まれていました。

その結果、禪院直哉(ぜんいんなおや)が伏黒恵と、宿儺の器である虎杖悠仁の二人の命を奪うと語ります。

禪院直哉とは?禪院家の関係性

今回、27代目の当主となった禪院直哉(ぜんいんなおや)は、禪院家家ではどういった立場、続柄なのかを考察します。

まず、今回新たに出てきた禪院家の3名で、判明したことです。

禪院甚壱(ぜんいんじんいち)は、禪院直毘人(なおびと)の弟であり禪院直哉(ぜんいんなおや)の叔父です。

そして禪院扇(ぜんいんおうぎ)ですが、直毘人の妻だと思っていましたが、男であり、これまでの話が覆ります。双子の娘がいるという話が過去にあります。しかし真希真衣が娘だとは明言していないために、この二人とは別の双子が扇の娘にいるということになるのではないでしょうか。

禪院直哉(ぜんいんなおや)は、禪院直毘人(なおびと)の息子であることが判明しました。

しかし、禪院直哉(ぜんいんなおや)の口ぶりから、同じく禪院直毘人(なおびと)の子供である双子の禪院真希、真衣姉妹とは兄妹ではないようです。異母兄弟である可能性が高そうですね。

禪院直哉(ぜんいんなおや)は、兄さんがいるとも話しています。また、禪院直哉(ぜんいんなおや)は、伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)のことを甚爾君と呼んでいました。

伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)とも、異母兄弟や従兄弟などと考えられますね。

ここまでで、禪院家は東京校の禪院真希、双子の妹で京都校の禪院真衣、

そして渋谷事変で任務に同行した禪院直毘人(なおびと)、そして伏黒恵の実の父親である伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)のみの、計4名でした。

そこで今回登場した、特別一級術師の3名、禪院扇(ぜんいんおうぎ)、禪院甚壱(ぜんいんじんいち)、禪院直哉(ぜんいんなおや)。

さらに、禪院直哉には兄さんがたがいると話していたので、2人以上は兄弟がいると思われます。ポンコツだと言っていたので、禪院直哉ほどの実力者ではないのかもしれません。

さらに、禪院甚壱(ぜんいんじんいち)の娘もいると書かれています。一気に、禪院家の登場人物が増えてきましたね。

禪院直哉の強さと術式

ここで気になるのは、禪院直哉(ぜんいんなおや)の実力です。

伏黒恵の存在を知っており、宿儺の器である虎杖悠仁を殺害すると言い出すくらいなので、よほど腕に自信があるように見えます。特級レベルの実力ではないことは間違い無いでしょうから、九十九由基や五条悟、乙骨憂太には劣るということになります。

現状、特級の呪術師がこの3名しかいないことから、この3名の次の強さとなると1級の呪術師となります。東堂葵や冥冥など、1級は数多く登場していますが、1級の中でどれほどの実力差があるのでしょうか。

禪院直毘人(なおびと)よりも強いのか、禪院直毘人(なおびと)ほどではないのか?禪院家が後継者を決めるのに難航していた、後継者不足に悩まされていたことを考えると

何か禪院直哉(ぜんいんなおや)の背景には問題がありそうですね。

禪院直毘人(なおびと)は10億を支払ってでも、十種影法術が使えるようになる前の伏黒恵を買い取ろうとしていました。そう考えると、禪院直哉(ぜんいんなおや)は伏黒恵と比べると、当主としての資質は劣っていると考えられます。

・禪院家相伝術式
・血筋

ここが当主となる条件にあげられていましたが、伏黒恵が本家筋なのか、分家筋なのかは不明です。ただし、現在では伏黒恵は禪院家相伝の十種影法術が使えて、領域展開も使えるようになっています。

その伏黒恵を殺害すると言っているので、よほど自信があるのでしょうね。十種影法術のような、禪院家相伝の術式をなにかマスターしていることは間違いなさそうです。

伏黒恵は五条からも、まだ強くなると言われており両面宿儺にも何かを期待されているようです。まだまだポテンシャルが高そうですが、禪院直哉(ぜんいんなおや)の強さも未知数ですね。

ということで、今回の動画では、禪院直哉(ぜんいんなおや)と禪院家についてまとめてみました。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/26388
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/17621
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/26972

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次