呪術廻戦137話で狗巻の腕が落とされ死亡説!乙骨が激怒で虎杖と敵対し宿儺の領域展開で狗巻が被害に?

呪術廻戦137話「堅白」にて、1000万以上の呪霊が解き放たれ、東京は壊滅状態、そして乙骨憂太が登場し、狗巻の腕が虎杖によって落とされ、さらに上層部の命令で虎杖を殺すという話をしていました。

今回は狗巻の腕が落とされた理由やいつ失ったのか?そして乙骨の登場についてまとめてみました。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/26388
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/17621
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/25990
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/26457
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/25911
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/24677
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/26279

目次

呪術廻戦137話で乙骨憂太が登場!

渋谷事変が終わったのか、「堅白」というサブタイになっていました。ちなみに「堅白」という言葉だけはなく、「堅白同異」という言葉があります。

・まったく矛盾することを無理やりこじつけることのたとえ。堅くて白い石があるとき、「堅さ」と「白さ」とは、別個の認識であるが、存在としては一つのものである、という考え方の違いを論じるもの。

という意味だそうです。今回の話では、上層部が通達した5つの命令の事を言っているのかもしれません。

そして、本誌の内容ですが、なんと東京23区が壊滅し、総理大臣も行方不明、呪霊1000万体以上が解き放たれ、呪霊の存在を公表するだなんて話になっており、東京は大パニックに陥っているようでした。

そんな中、海外にいたはずの乙骨が銀座のコンビニで女の子が呪霊に食われかけた所を救いました。そしてそこには0巻で成仏したはずのリカが呪霊を殺していました。

それから乙骨は上層部と会っており「呪術総監部」という所で老婆を話します。そこであなた達の命令に従うとわかったでしょうと話し、虎杖は渋谷で狗巻先輩の腕を落とした。だから彼は自分が殺しますと言いました。

そして「呪術総監部」は通達を出します。

・夏油傑の死刑
・五条悟の渋谷事変共同正犯(二人以上共同して犯罪を実行)で呪術会から追放、さらに封印を解く行為も罪
・夜蛾正道を五条悟と夏油傑をそそのかし渋谷事変を起こしたとして死罪
・虎杖を速やかに死刑
・虎杖の死刑執行に特級術師の乙骨を任命

まずおかしいなと思ったのが五条が夏油との共犯になっていることですね。サブタイの「矛盾することを無理やりこじつける」という意味そのものだと思ってしまいます。

では考察に入っていきます。

乙骨はいつ海外から帰ってきた?ミゲルは?

では、そもそもいつ乙骨はミゲルと一緒にいたはずの海外から帰ってきたのでしょうか?

恐らくですが、今回の時系列的に、渋谷事変から少し時間が経過していると思われます。いきなり東京23区が壊滅するわけがありませんし。

ということは、普通に考えて、海外から帰ってくる時間はあったと思われます。ただ結局海外で何をしていたって話ですよね。最初から乙骨が日本にいればこんなことにはなっていないはずです。

リカは成仏したはずなのにまだいた?

そして0巻で乙骨から成仏したように見えた祈本里香がいました。乙骨は指輪を薬指にしていましたから、そこから呪霊を呼び出せるのかもしれません。

リカ自体は消えたはずですが、乙骨がリカに呪いをかけていたので、リカになっていた呪霊を出せるということかもしれません。

渋谷で狗巻の腕が虎杖によって落とされた?死亡はしてない?

そして驚いたのが、乙骨の口から、渋谷で狗巻が虎杖に腕を落とされたということでした。

渋谷事変の最後で虎杖が狗巻の腕を落とすタイミングなんてなかったと思いますから、考えられるのは一つです。それは虎杖が両面宿儺に乗っ取られていた時の領域展開で、広範囲に攻撃した時に狗巻も巻き込まれたということです。

虎杖の意思ではないにしろ、虎杖がそれをやった事実は変わらないので、乙骨の考えも一部わかります。なので、乙骨は虎杖を殺すという判断に至ったのでしょう。また、恐らく狗巻はまだ死んでいないはずです。

ちなみに狗巻はこの時、メガホンを持って一般人に呼びかけていたようです。しかしこれを話している一般人は宿儺の領域展開にやられています。この一般人が狗巻の事を話していたということは、近くに狗巻がいてもおかしくありません。

虎杖VS乙骨?になる流れ?

そして最悪の展開になりました。というか乙骨の表情が闇落ちしてる表情なんですが…

もう内乱ですよね。上層部の命令で五条の追放と夜峨、虎杖の死刑宣告が出たので、呪霊達と戦っている場合ではなくなります。

虎杖と乙骨が戦うことは避けられないでしょう。今の状態なら特級なので乙骨の方が強いはずですが、両面宿儺が出てきたらさすがの乙骨でもきつくなるでしょうね。

東京校や京都校の人たちは虎杖の味方をしてくれるのか?それによって、上層部と敵対することになるので、仲間割れが大きく出てくると思われます。虎杖は同じく死刑宣告の夜峨と合流する流れになるのではないでしょうか?

夜蛾学長に関しては、五条に内部調査を依頼されていた歌姫が学長以上に内通者がいると話していたので、恐らくそれが夜蛾だという話ではないでしょうか?

夏油達に宿儺の指と受胎九相図を奪わせる為に内部への侵入を許したとされるのが、内通者ですね。

ただ、これもミスリードで本当に夜蛾学長は裏切り者ではないかもしれません。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/26388
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/17621
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/25990
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/26457
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/25911
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/24677
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/26279

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次
閉じる