転スラ/リムル魔王化の能力や理由は?知慧之王(ラファエル)に進化

大人気ラノベを原作とするTVアニメ「転生したらスライムだった件」・通称「転スラ」。

伏瀬により描かれる原作小説は、シリーズ累計発行部数2000万部を突破している人気作品です。

2021年1月から放送予定のアニメ2期では、主人公であるリムル・テンペストが魔王として覚醒するエピソードが描かれている予定となっています。

人間と魔物の共存を望むリムル。彼が魔王となることを決意したのはどんな理由があったのか…その経緯について解説して行きます。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/19835
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/9951
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20088
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20220
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20718

目次

リムルが魔王化!その理由はシオン復活の為?

https://twitter.com/oricon_anime_/status/1325727169931214848

リムルが魔王化することになった理由。

そこには彼の統治するジュラ・テンペスト連邦を脅威と感じたファルムス王国が関わっていました。

リムルの不在を狙ったファルムス王国の刺客は、西方聖教会の封魔結界を利用してシオンたち留守を守る魔物たちに襲い掛かります。「人間を襲わない」というリムルとの誓いを守ったシオンたちは、戦闘力の大半を封じられていたこともあり命を落とすことになりました

自らの甘さが招いた惨劇に絶望するリムル…そんな彼にエレンは一つの希望を示します。

お伽話として語り継がれる魔王進化の伝承。それはリムルが魔王となることでシオンたちを蘇生させる僅かな可能性を見出しました。

しかし、そのためには多くの人間の魂たちが必要となります。

配下たちの命を救うため・そしてリムル自身の甘さを断ち切るため…彼はファルムス王国の大軍に対して単身で立ち向かうことを決意しました。

怒り狂うリムの前にファルムス王国の軍隊は虐殺され、必要な魂を集めたことでリムルは魔王への覚醒を果たします

リムルが魔王化した後の能力は?

魔王として進化したリムル。

「粘性生物(スライム)」から「魔粘性精神体(デモンスライム)」に超進化した彼は、元々持っていたスキルに加えて数多くの新規固有スキルを獲得します。

「無限再生」「万能感知」「魔王覇気」「万能変化」などの新固有スキルと各種耐性を獲得しただけでなく、魔素量は10倍以上となっていました。

そして魔王の配下となった系譜の魔物たちには「祝福」として新たなる力が与えられ、反魂の秘術によりシオンたち犠牲者も無事に蘇生することになりました。

さらに、アルティメットスキル「暴食之王(ベルゼビュート)」。

リムルの代名詞でもあった「捕食者」がアルティメットスキルとして進化したスキルであり、この効果により彼は配下の魔物たちとの「食物連鎖」と呼ばれる関係性が成立されます。

配下の魔物たち会得した固有スキルが貢物という形でリムルに渡され、同時にリムルから配下の魔物たちに力が付与されることになりました。

そして魔王進化とこの「暴食之王」の権能により、リムルはそれ以外にも新たなる力を得ることになります。

魔王化で魔素量が10倍以上になるもディアブロに名前をつけ半分持っていかれる

リムルが魔王として覚醒する際の副産物として、彼は新しい強力な配下を得ることにもなりました。

ディアブロ」。

魔王に進化するために眠りにつく直前にリムルが召喚した悪魔の一体です。

リムルの上位悪魔召喚に強引に割り込む形で召喚された彼の正体は「原初の黒」と称される上位悪魔以上に強力な悪魔でした。

テンペスト復活祭でリムルに名を与えられたディアブロは、何と魔王化により10倍以上になった魔素の半分を持っていくことになります

その結果、ディアブロは新参者ながらリムル配下の魔物たちの中でも最強の力を持つ存在となりました。

リムルに心酔するディアブロは、後のファルムス王国を統治下に治める策略の中で大きな力を発揮するなどリムルにとって心強い仲間として活躍します。

大賢者(エイチアルモノ)が知慧之王(ラファエル)に進化

そして魔王進化の過程で、リムルの相棒とも言える固有スキル「大賢者(エイチアルモノ)」もまた、「知慧之王(ラファエル)」に進化を遂げていました。

かつての「大賢者」と比べて飛躍的に演算能力・解析能力が高くなっていた「知慧之王」…それだけでなくその能力はヴェルドラ
を封じていた「無限牢獄」を解析することにも成功します。

アニメ1期の冒頭から封じられていたリムルの友人であるヴェルドラは、遂に復活を果たします。

その際にリムルとヴェルドラとの間に魂の回廊が確立されたことから、リムルはヴェルドラをバックアップするアルティメットスキル「暴風之王(ヴェルドラ)」を得ることにもなりました。

「暴食之王」「知慧之王」「暴風之王」、そして同時獲得した「誓約之王(ウリエル)」。

単体でも恐るべき能力とされるアルティメットスキルを、リムルは四つも同時に修得することになります。

西方聖教会・そして暗躍する魔王クレイマン…多くの敵対勢力に対して、リムルはこれらの新しい力を手にして戦いを挑むことになりました。

まとめ

今回は、転スラ・リムルの魔王覚醒とそれに伴い獲得するアルティメットスキルについて解説して来ました。

リムルが魔王として覚醒するまでのエピソードは、アニメ2期でも重要エピソードの一つとなっています。

アニメではどのように描かれることになるのか…今から楽しみですね。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/19835
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/9951
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20088
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20220
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20718

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次
閉じる