呪術廻戦ナナミン(七海)は死亡?目やメガネと年齢やクオーターと身長も

アニメ「呪術廻戦」第8話でようやく登場したナナミンこと七海健人

五条先生の後輩なだけあって強烈なキャラクターで一瞬で虜になった人も多いのではないでしょうか?

今回はそんなナナミンについて深堀りしていこうと思います!

物語後半でナナミンは死んでしまうのか…ネタバレなども含めてお話しして行きます!

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20257
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/17621
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20310
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20307
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20362

目次

七海健人のプロフィール・身長とデンマークのクオーター


まずは簡単にプロフィールからおさらいして行きましょう!

名前:七海健人(ナナミケント)
年齢:27歳
身長:184cmくらい
所属:東京都立呪術高等専門学校OB
等級:1級呪術師
一人称:私
好物:パン
イメージソング:ゆらゆら帝国『ゆらゆら帝国で考え中』
        フジファブリック『サボテンレコード』

七海の家系には呪術師はおらず、母方の祖父がデンマーク人であり、七海本人はクオーターです。

身長は184cm“くらい”と公式情報でも曖昧ですが、確かに五条先生より少し小さいくらいですよね!五条先生が190cm以上とこちらも曖昧ですが、2人ともとても身長が高いです!

呪術廻戦の主要キャラクターには作者の芥見先生のイメージする曲があり、こういったところもBLEACHに似ているなぁと思う箇所ですが、七海のイメージソングはゆらゆら帝国フジファブリックの2バンドからそれぞれ1曲ずつ挙げられています!

かなりサブカル寄りでオルタナティブな印象の2曲ですが、七海とは少し違う印象だったので知ったときに驚きました!

こういったイメージソングがあると、より作品やキャラクターに没入できますよね!

七海健人の術式や能力


七海は術式ももちろん使いますが、元々の身体能力も高く、腕利きの呪詛師(呪術を用いて人に仇なす行為をする敵)であれば肉弾戦のみで圧勝できるほどです。

利用する武器は呪符のような布を刀身に巻き付けたナタのような物を使い、峰打ちだけで四肢を削ぎ落とすなど、自身のフィジカルを生かした戦い方をします。

また、時間による縛りを科しており、1日8時間を超えて仕事が長引くと呪力が増していきます。「ここからは時間外労働です」と言い放った後に力が増すので元サラリーマンというキャラクターが活きている個性的なシーンですよね!

呪術に関してはアニメでもすでに放送されましたが、十劃呪法(とおかくじゅほう)という術式でどんな相手・物体に対しても長さを線分したときに7:3の比率の点に強制的に弱点を作り出すという最強の術式を用います。

七海がこの技を使うときに「相手に手の内をひけらかす制約をすることで技の効力が上がる」というような説明を悠仁にしますが、個人的にはこのシーンでHUNTER×HUNTERのクラピカを思い出しました!呪術廻戦を見れば見るほど芥見先生の“ジャンプ愛”を感じられます!

また、特級呪霊である真人との戦いの中で七海が発動した拡張術式が、十劃呪法「瓦落瓦落」(とおかくじゅほう がらがら)です!

十劃呪法で破壊した物体に呪いを込めて敵を攻撃するという術式ですが、生物や呪霊だけでなく無機物にも効果を発揮する術式なので、言うなればその場にある全てのものが七海の武器になり得るというかなり頭の良い技です。

さらに、作中では使用シーンは描かれていませんが、黒閃(こくせん)と言って打撃との誤差0.000001秒以内に呪力をぶつけるという大技を四連続で決めた記録を持っています。しかもこの黒閃の発動に成功したのはたった4人しかおらず、こういった過去のエピソードからも七海の強さが伺えますよね!

七海健人のサングラス・メガネで目隠ししているのは呪霊に視線を気取られない為?


七海といえばスーツにサングラスというサラリーマンスタイル。体格のいい男性がスーツを着てオールバックにしているのは2次元3次元問わず素敵ですが、七海の独特なサングラスも相まって魅力が増しています!

サングラスをしている理由としては、呪霊の中には「見られている」と感じた瞬間に襲いかかってくるものが結構いるので視線を悟られないようにする為、と解説されていますが、単純にファッションとしてもおしゃれですよね。

単行本11巻の七海の表紙が発表された際にはそのあまりのかっこよさにTwitterでトレンド入りするなど、女子だけでなく男子の心も鷲掴みにするほどです!

七海健人は渋谷事変編にて死亡?どんな展開だった?


そんな七海も実は原作漫画ではすでに死亡しています。

七海死亡時(原作120話)の展開

渋谷事変編で漏瑚に炎を浴びせられ瀕死状態になった七海は渋谷の地下シャッター街を歩いていました。

階段を下った先にたくさんの呪いが現れ、「なんでもない海辺に家を建てよう」「買うだけ買って手をつけてない本が山程ある」「1ページずつ今までの時間を取り戻すようにめくるんだ」この戦いが終わった先の未来の話をしながら呪いの群れと闘います。

それを見ていた真人が現れ七海に触れたまま2人は会話をします。虎杖も現れ、七海は「それは彼にとって呪いになる」と悩みながらも最期に虎杖に微笑みながら「後は頼みます」と言い残し真人の無為転変によって跡形もなく殺されました。

やはり好きなキャラクターの死を振り返るのは辛いです。

まとめ


今回は呪術廻戦七海健人について詳しくお話ししてみました!

初登場から「呪術師も労働もクソだがどうせなら適正のある方を選んだ」という強い言葉を現代に投げかけた七海。七海の生き様に背中を押された読者・視聴者も多いのではないでしょうか?

私もその1人です。

今後ますます面白くなっている呪術廻戦から目が離せませんね!

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20257
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/17621
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20310
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20307
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/20362

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる