齋開化の正体や年齢と曲世愛との接点は?息子太陽の本当の母親は誰?

衝撃的な内容であることで、多くの人に衝撃を与えたアニメ「バビロン」。次々と自殺していくキャラクターたちの裏では、自殺を推進している齋開化という人物が現れてきました。

6話で、ある少年が齋の息子であることが判明しました。しかし、齋とは一体どんな人物なのでしょうか。今日は、齋というキャラクターについて紹介し、曲世愛との関係についても見ていきたいと思います。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/1458
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/1047

目次

齋開化のプロフィール・人物像

齋開化(cv置鮎 龍太郎)は地元トップの高校から東京の名門大学に進学後、イギリスの大学院に留学したというエリート学歴の持ち主です。その後は、市議で経験を積んで30歳の若さで新域長に就任した若手議員。

齋は元相模原市議で、域長選挙の出馬最年少候補として期待されていました。最初は野丸らが東京都西部に新設された「新域」の域長にするための手駒であることが発覚。しかし、齋は当選すると「自殺法」を推進し始めたことで、手駒にされていた野丸らと敵対するようになりました。

齋開化の正体やなぜ自殺法を勧めることに?

野丸が6話で隠し玉としてある少年をスタジオに呼んでいました。彼の父親は自殺を考えているようで、少年はそんな父親を誰かに止めてほしいと訴えている動画をネットにあげ、世間から注目を浴びていました。

しかし、齋はその少年の父親は自分であることを公表しました。

そして、生放送中に齋は少年(太陽)と親子の会話を始めます。

齋は心臓を患っている太陽に自分の心臓を移植するために自殺したいと言います。しかし、日本の現状として、生きている自分では息子に心臓を譲ることができないようです。

このため、自殺することで齋は自分の心臓を太陽に譲ることができると言います。齋は「死で解決できること、死が助けてくれること」は無数にあることを主張し、人間がもっと死と仲良くなる社会を目指しています。

齋開化と曲世愛の出会い・接点やいつも行動が一緒の理由は?

齋と曲世の出会いはおそらく野丸と関係あるでしょう。曲世は政治関係者と何らかの接待をしていたことから、彼女が多くの政治関係者と関わっていたことがわかります。

最初の方では、曲世は齋の後援会の福山義行名義のマンションに住んでいました。そして、齋開化とライバルの野丸龍一郎の私設秘書である安納普造と時々出かけていたことも後に分かりました。

齋は「」を受け入れる社会を実現しようとしています。しかし、この考えは一般的にはのように感じてしまいます。曲世は悪を理解してほしいことから、彼らがやろうとしていることはさほど差がないことから共に行動していると推測できます。

齋開化の妻・息子太陽の母親は誰?

先ほども触れましたが、公開討論会で齋に勝利するために、野丸は動画を投稿していた太陽をスタジオへと呼びました。ここで、太陽と共に齋夫人も同行していました。

そして齋は、自殺しようとしている太陽の父親は自分であることを公表しました。しかし、後にこの齋夫人は変装をしていた曲世だということに正崎は気づきます。

公開討論会が終わり、正崎は齋を拉致する作戦を実行していると、配置についていた警備班からの連絡が途絶えていきます。疑問に思った正崎は、齋らが通過した警備班から順番に連絡が途絶えていたことに気づきます。

先に様子を見に行った陽麻とも連絡が取れなくなってしまい、正崎も現場へ向かおうとします。すると血塗れの九字院が正崎のもとへ帰ってきます。

九字院は「曲世愛が耳元で何か喋って、もうダメになってしまった」と言い、自分で足を撃ったことを明かします。そして、九字院の忠告によって曲世が公開討論の現場にいたこと、齋夫人が曲世愛であることに正崎は気づきます。

曲世は齋夫人・太陽の母親に変装していたので、太陽の母親は別にいる可能性は高いです。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/1458
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/1047

まとめ

齋開化というキャラクターについて、そして彼と曲世の関係性について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

自殺」という重いテーマを狂気的なキャラクターを通して考えさせるアニメですよね。重い内容に、想像の斜め上をくる展開で進んでいくアニメですので皆さんきっと目が離せない状態です!

今後、齋と曲世はどうストーリーを進めていくのでしょうか。8話以降も期待ですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次
閉じる